子どもを本好きにするたった「1つ」の方法 親自身が本を読もう


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-4347461766931132"
data-ad-slot="2695142002">


150903-reading-books

子どもを本好きにさせたい、という親は多い。

脳科学者の苫米地英人氏によると、頭の良い子どもを育てる方法として、

とにかく活字を読ませる

ことを推奨している。

小学生なら、1日6時間は本を読ませなさい、とすすめている。

反対に、いちばんよくないのが、

テレビ

だという。

今のテレビは、小学校5年生レベルが理解できる内容を基準につくられているので、テレビを見るのは知的能力を高めるうえで、いちばんよくないそうだ。

テレビだと、情報が映像とともに、ストレートに入ってきてしまうので、自分の頭で考える、ということをしなくなるというのだ。

 

子どもを本好きにする秘密



そういう具体的な理論を抜きにしても、子どもを本好きにさせたい、というのは、どの親も思うもの。

そして、子どもを本好きにする秘訣があるとしたら、どうだろうか。

それは、

あなた自身が本好きになること

これに尽きる。

子ども(特に小さい子ども)は、親や大人のすることを真似る。

私の友人が、いつも掃除機のコードを収納する時に押すボタンを、

足の指で押していた

すると、ある時、自分の子どもも、同じことをしていて驚いたという(笑)。


つまり、人のふり見てわがふりなおせ、ではないが、子どもというのは、親の鏡でもあるのだ。

だから、親がつねに本を読んでいて、それを読んで、笑っていたり、感動したり、楽しそうにしていると、

本を読む行為=楽しいこと

と思うようになる。




そして、家のありとあらゆるところに、本を置いておくことだ。

本屋に一緒に行くのもいいし、図書館に行くのもいい。

たとえ、子どもが小学生で、今はそれほど本に興味がなさそうでも、これから絶対に本を好きになる時が来る。

それは、潜在意識の中に、

いつも本を読んでいる親の姿

が焼きついているからだ。

 

親自身が資格試験の勉強をしてみる

世の中で、いちばん愚かな言葉が、

勉強しなさい

という、親の子どもに対する言葉だ。

自分自身を振り返って、「勉強しなさい」と言われて、勉強する気になっただろうか。

そんな、ことを言うヒマがあったら、親自身が、寸暇を惜しんで、資格試験の勉強にでも挑戦するのがよっぽどいい。

子どもは、言葉に出さなくても、親のそんな姿をしっかり見ているものだ。

そして、このことは、二重の意味で子どもに良い効果をもたらす。

親の期待からの解放

だ。

親に期待されているというプレッシャーが、子どもの負担になり、逆にやれることもやれなくなる、というのは、よくあること。

子どもが小学校に入るまでは、じゅうぶん愛情をそそぎ、世話を焼いても、子どもが小学校に入るようになったら、少しずつ、自主性を育てる方がいい。

20歳になったら、親元を離れて生活できる、そんな子どもを育てることこそが、親のつとめだし、子育てのゴールだと思う。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-4347461766931132"
data-ad-slot="1078808006">





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ