2015 敬老の日のプレゼント おすすめ1 「思い出に残る」ものがべスト 贈るなら 孫から?子どもから?

スポンサードリンク
액자틀。포토샵자료。메모장틀。 사진틀

参照記事2015 父の日に贈る プレゼント おすすめベスト5

母の日のプレゼント 人気ランキング 2015年

 

今年も敬老の日(9月21日)が近づいて来た。

敬老といっても、最近は若々しいお年寄りが増えたので、贈り物を贈るのも気がひける、と思うかもしれない。

50代であっても、孫からプレゼントをもらうのはうれしいもの。

親が高齢なら、子どもから父母に敬老の日にプレゼントを贈るのもありだ。

敬老の日におすすめのプレゼントは何がいいだろうか。

まず、何よりも、孫や子どもの顔を見ることがいちばんうれしいもの。

孫や子どもたちの元気な姿がなによりのプレゼントだということを忘れないようにしよう。

手軽に贈れて、いちばんお年寄りが喜ぶものは、

写真

だ。

孫や子どもの写真を見るのは、とても楽しいものなのだ。

孫の運動会での姿や、旅行に行ったときの写真をアルバムにして渡しても喜ばれる。

あるいは、家族で写した写真を写真立てに入れて贈るのもいい。

スポンサードリンク
ちょっと、凝ったところでは、デジタルフォトフレームもいいが、コンセントが必要だったり、家族がそばにいないと写せなかったりするので、いちばん、スタンダードなものとしては、

普通の写真立てに写真を入れて贈る

のがベストだ。

また、色紙のまん中に、皆で写した写真を貼り、孫たちのメッセージ「おばあちゃん、長生きしてね」とか「おじいちゃん、いつもありがとう」などのメッセージを書いて贈るのも喜ばれる。

この時、文字はできるだけ

大き目

の文字で書くようにしよう。

次に、少し変わったプレゼントとしては、

似顔絵入りのケーキ

だ。

これは、あらかじめ注文しておく必要がある。

祖父母の写真を持っていけば、プレートにそっくりに再現してオリジナルのケーキを作ってくれる。

このケーキは、家族みんなで渡し、ケーキの写真も忘れずに撮っておこう。

長く、思い出に残るものだ。

年をとると、思い出がいちばん心のなぐさめになる。

だから、手紙や写真などが、敬老の日のプレゼントとしては、いちばんおすすめのアイテムといえる。

これらは、お金はかからないが、心がこもっているところが重要だ。

私の母も、兄の家族といっしょに行った温泉旅行のアルバムを、時おり取り出してはながめている。

アルバムはいつまでも残るし、アルバムを開くことで、その旅行の思い出もよみがえる。

高価な食事のプレゼントよりも、敬老の日のプレゼントにふさわしいプレゼントだと思う。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ