身軽に生きる 断捨離でもなくミニマリストでもなく いらない本はすぐにアマゾンで売ってしまおう

スポンサードリンク
 

08d407184541fe37c8a03de771c8a27b

最近は、断捨離ブームのせいか、その延長線上なのか、

親の家を片づける方法

などの本がヒットしている。

 

親の家を片づけるなら親が60代までに

確かに、一人暮らしの親亡きあと、その荷物の整理にたいへんな思いをした、という経験をもつ人たちの声が多くきかれるからだろう。

だが、実際に親が高齢になると、荷物を片づけるのはむずかしい。

もし、片づけるのなら、50代までにやっておくべきだろう。

その年齢なら、まだ気力があるからだ。

さすがに70歳を過ぎると、片づけるのもしんどくなってくるだろう。

具体的に荷物を減らす方法としては、どんな方法があるのだろうか。

 

「ときめき」でモノをあっという間に片づける方法

このヒントになるのが、

「人生がときめく片づけの魔法」(近藤麻理恵)

だ。

私はこの本を数年前の年末に購入。

読み終わった瞬間から猛然と

物を整理したくなった

その勢いで、45リットルのゴミ袋にして20袋以上(実際はもっとあったと思う)捨てた。

捨てたあとの、あの爽快感は何ともいえない。

私が捨てた主なモノは、

 
  • 書類
  • 思い出の品
 

だった。

この本によると、

思い出の品

を片づけるのはいちばん難しいという。

だから、それ以外のものからやるのがいいらしい。


特に、この著者の方法は、モノを手にしたときに

ときめき

を感じるか、というもの。

本だったら、書棚からすべて出して、下に並べる。

そして、一冊ずつ手にとって、

ときめきを感じるモノは残し、

そうでないモノは処分する。

服も同じ。

 

いちばん難しい「思い出の品」もあっさり片づく

この方法で、買っただけで、いつまでもやらないペン習字の通信講座の教材や、いつか読もうととっておいた資料や本などを、バッサリと気持ちよく処分することができた。

そして、いちばん難しい

思い出の品

だが、これもトキメキで判断する。


スポンサードリンク
この時にたいせつな考え方は、

モノのやりとり

というものは、もらったその瞬間で終わっている

という考え方だ。

あの人にもらったから、悪い、とかではなく、やりとりはそれで終わっていると考えると、気持ちよく処分することができる。

もちろん、こうしても手元に置いておくモノは残る。

それは、自分にとって、ほんとうにたいせつな物だということだ。

この方法で、モノを処分してから、ほんとうに不要な物を買わなくなった。

 

本は読んだらすぐにアマゾンで売る

それでも、本は一時的に増えるが、それは、

読み返さない本はアマゾンで売る

という方法をとってから、本もたまらなくなった。

そうすると、今読んでいる本と、何回も読み返す本だけが手元に残る。

 

アマゾンで本をすぐに売る秘訣

 

アマゾンで売る方法としては、いろいろやった結果、

 
  1. 文庫・新書は処分(売る手間と得られる価格がペイしないので)
  2. 単行本は1か月以内で売り切る
というのがいちばんいいとわかった。

他の出品者がいた場合は、とにかく最低価格で出す。

ただ、プロの出品者は、ツールを使って即効価格を下げてくるので、毎日チェックし、

とにかく最低価格

にして出品。

売れた場合は、メール便ではなく、レターパックなどの、記録が残り、少しでも早く着くようなサービスで、一刻も早く届ける。

というのを方針にしている。

なぜかというと、私自身も、アマゾンで注文して、メール便で送って来られると、遅いのでいやだからだ。

こうすると、アマゾンが設定している送料より高くつくのだが、それよりも、受け取る人の便宜を最優先にしているのだ。

このやり方をすると、買った人から、必ず、

 迅速に届きました!

という、高い評価が返ってくる。

アマゾンで売る場合は、

 
  • 本のきれいさ
  • 届く速さ
がポイントだと思う。

だから、新刊本は、きれいに読み、読み終えたらすぐに売ってしまう。

人気の本なら、1~2日で売れる。

1か月たっても売れず、売上ランキングも低い本は、出品をとりやめて処分する。

いつまでも置いておくと、チェックする手間が増えるからだ。

だから、出張や旅行などで発送作業ができないときは、在庫を0にしておくことを忘れないようにすることだ。


スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ