朝起きたら 突然 目がはれていた!じんましんが出たらどうする? 原因と対処法 応急措置など

スポンサードリンク
추석선물로 인기인 ‘건강기능식품’은 만병통치약일까    하이닥

じんましん

誰もが一度や二度は経験があるのではないだろうか。


体中が、虫に刺されたようにはれ、かゆみをともなう。

特に、顔にも出ると、外出もできなくなる。


私も2度ほど経験がある。


1度目は、進学して間もない頃。

朝になると両まぶたが、突然、ぼってりとはれている。

とても、人前に出られないような顔だ。

この時は、驚いて、マスクとサングラスをかけて皮膚科に駆け込んだ。

皮膚科の医師の判断では、

 ストレス

によるじんましん、とのこと。

抗生物質をもらい、2~3日飲んでいるうちに治った。


2度目の時は、冬、風呂に入ったり、ふとんに入ると、全身がかゆくなり、じんましんが出た。


このかゆみの不快さはなんともいえない。


この時も病院に行った。

皮膚科に行くと、飲み薬と塗り薬をくれた。

この時の医師の診断は、体があたたまることによって、起こるじんましん、ということだった。


抗生物質(飲み薬)を飲むことで、いちおうかゆみがおさまるので、かなり楽になる。

また、乾燥もよくないということで保湿用のクリームをくれた。


飲み薬と塗り薬の併用で、その症状はおさまり、その後はじんましんは起こっていない。

スポンサードリンク
考えて見ると、一度目の時は、進学して、新しい環境に慣れず、体が緊張して、自分では気づかないうちに


 ストレス


を感じていたのだと思う。


2度目のじんましんの原因については、今もわからない。

そのころは、日常的にとても忙しい生活を送っていたので、それもひとつの引き金だったのかもしれない。


この2つの経験からいえることは、


 じんましんはまったく心配することはない


ということだ。


そして、とにかく、病院に行くこと。

それで、ほんとうにすぐに解決する。

ただ、病というものは、体の不調が、症状としてあらわれたものだから、じんましんにかかったときは、


日ごろの自分の生活を振り返ることがたいせつだ。

食事や睡眠不足、その他、生活の急激な変化など、どこかに

 じんましんを生みだした本当の原因

がひそんでいるはず。

それがわかれば、そのような生活のゆがみを修正し、リラックスする時間をもつように心がけることで、じんましんになることを防ぐことができる。


スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ