40代 女性 転職 資格をとるなら

スポンサードリンク
주간 부동산 세무 주요뉴스 6 3   6 9    FN지니아이   쉽고 재밌는 금융 파트너


参考記事: 40代 女性の転職 資格は必要か?正社員 派遣 契約社員


40代の女性転職するときに、いちばん気になるのは、どのような職種を選ぶか、ということだろう。

看護師などの資格があれば、もちろん就職先に困ることはないだろうが、資格がない場合に、とっておくと有利な資格はあるのだろうか。


宅建行政書士なら半年程度の勉強でも、合格することは可能だ。

また、行政書士は、やり方次第では、独立開業できる仕事でもある。


もし、外国語もできるのなら、いろいろ展開していける可能性はある。


宅建も、不動産業を自分でやるのなら(それもたいへん厳しいが)まだしも、就職となると、資格があっても未経験では難しいかもしれない。

ただ、車の免許も持っていて、接客営業の経験があるなら、不動産業は目指してみる分野ではある。

ただ、拘束時間が長いので、家庭や子どもがいる場合は、家庭との両立はなかなか困難だ。


取りやすい資格としては、ヘルパーの資格がおすすめだ。

ふつうのパートより時給はいいし、家事育児の経験が生きてくるので、専業主婦をしていた人がチャレンジするのに向いているかもしれない。

ただ、体力がいるし、お年寄りの世話や、話し相手になるのが好きな、社交的な人でないと、途中でやめてしまうことが多い。

慢性的に人出不足だし、これからますます需要も増えるので、福祉の世界に関心のある人は目指してもいいと思う。

スポンサードリンク

反対に、一般事務経理だと、20代・30代がたくさんいるので、転職先としてはハードルが高い。

40代に入ったら、そのような若い人たちが目指す分野ではなく、これまでの人生経験を活かせる、人を指導したり、リーダーとなってやっていく分野を目指すのがいいと思う。

離婚して、40代からエステについて学び、エスティシャンとして活躍している人もいる。

美容の世界に興味があるなら、エスティシャンを目指すのもおすすめだ。

美容の世界は、女性が活躍できる業界なので、40代に入っても挑戦することが可能な世界だ。

腕を磨くのはもちろんだが、人あたりのよさなど、気配りなど、若い人にない長所を生かせば、年配の女性や、20代からも支持されるエスティシャンになれるだろう。


転職先を探すにあたって、ひとつだけいえるのは、自分が興味があったり、好きな分野を選ぶことだ。

転職に成功しても、自分が関心のない分野では、結局長く続けることはできない。

また、1社や2社で断られたくらいであきらめないこと。

そして、今、正社員として働いているのなら、その会社は絶対に辞めないで、次の転職先を探すことだ。


これからは、40代を越えた女性が活躍できる場は、だんだん増えていくと思うので、長期的な計画を立てて、仕事を選ぶことをおすすめする。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ