40代 女性の転職 正社員を目指すべきか

スポンサードリンク
독장미의 소셜콘텐츠와 스토리텔링

女性40代といえば、子育てもひと段落し、仕事に集中できる年齢だ。

体力もある。


だが、実際のところ、転職の条件はそれほどたやすくない。

採用する企業側が望む条件と一致するならば、転職は十分に可能だ。

あなたが持っているメリットを一度、紙に書き出してみよう。

40代からの場合、即戦力が求められる。

仕事におけるスキルというよりも、あなたの人生すべてのスキルを活かすことを考えよう。


企業側が、結婚で辞める可能性のある20代、30代よりも40代以上の女性を求めている場合もある。

特に、今、需要が高いのは


 介護職


である。

スポンサードリンク
あなたの年齢が、40代でも、これから十分挑戦する価値のある業種だ。

手始めに介護ヘルパー2級の資格を取ろう。

あなたが介護の仕事に関心があり、その世界でやっていきたいという気持ちがあるならば、これからでもいくらでも挑戦できる。

逆に、この世界は、20代や30代の若い人たちよりも、人生経験を積んだ40代以上の人の方が向いているといえる。


これから日本は、ますます高齢者が増えていくから、介護の現場では、常に人出不足だ。


ヘルパー3級からヘルパー2級介護福祉士の資格をとって、介護施設の専門職として働いている人もたくさんいる。

やりがいのある仕事だし、人生経験がなければ勤まらない仕事なので、挑戦するに値する職業といえる。


反対に、秘書検定などの資格は、40代からとることはあまり勧められない。

それよりは、実務での経験の方が売りになる。


また、法律に興味があり、外国語もできるのなら、


 行政書士

も挑戦してみる価値のある資格だ。


外国人が増えているので、法的な手続きなどの需要は、これからも増えることが予想されるからだ。


自分が望む仕事と、需要将来性について、総合的に考えてみよう。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ