40代からの女性の転職 資格よりもキャリアで勝負しよう

スポンサードリンク
걷지 말고 뛰어라    40대 50대 일자리 자격증을 통한 취업


参照記事

40代 女性の転職 正社員を目指すべきか

転職 資格を取った方が有利か 幸せな転職 成功する転職とは?

40代 女性 転職 資格をとるなら

転職先 上司や同僚に伝えるべきか?

転職先 転職理由をどう伝える 女性の場合 面接で注意することは



40代の女性にとって、転職は高いハードルだろうか。

確かに派遣の世界では、

 35歳の壁

ということがよく言われる。

35歳までは、どんな業種でも求人がたくさんあるが、35歳を過ぎると難しいということだ。


だが、高齢化社会の今、60歳でリタイアが過去の話になった今、40代からでも転職のチャンスはたくさんある。


マクドナルドなどのファストフード業界でも、高齢者を積極的に採用している。


スポンサードリンク 40代は、まだ体力もある。そして、社会経験も積んでいるし、責任感が強い。

そのような強みを生かせば、転職は十分に可能だ。


企業側としても、即戦力を求めるので、その業種に応じたスキルをもっていることが、採用の必須条件になる。

だから、これまでの自分のキャリアを書き出し、何ができるのか、それを洗い出して、アピールすることを考えよう。

正社員にこだわることなく、契約社員なども視野に入れて、とにかくキャリアを積み重ねていこう。


そういう意味で、自分がまだ未知の分野にチャレンジすることも必要な場合がある。


新しい分野にチャレンジすると、また、その分野でのキャリアをつくることができるので、次の転職に役立つからだ。

女性のこまかい気配りが求められる職種もたくさんある。


結婚で辞める可能性のある、30代よりも、40代の女性を求める会社も多い。

年齢だけであきらめず、新しい職業に挑戦してみるにも、40代は最適の年齢と言える。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ