2015 淀川花火大会 穴場スポット 電車 車 混雑状況について

スポンサードリンク
淀川花火大会って何?   なにわ淀川花火大会

大阪の夏の空を彩る淀川花火大会

2015年は、8月8日(土)に行われる。

  関連記事 淀川花火大会 穴場スポットを紹介


毎年50万人を超える人がおとずれる夏のイベントだ。

花火を見るための場所取りや、花火を楽しんだ後の帰りの混雑も気になる。


まず、場所取りだが、打ち上げ会場が淀川なので、淀川付近の河川敷で場所取りをすることができる。

場所取りの開始時刻としては、当日の12時からとされている。


もちろん早く行くにこしたことはないが、午後3時くらいまでなら、場所を確保することは可能だ。

会場付近は、午後6時を過ぎると、かなり混雑してくる。


午後6時45分ころになると、安全の確保のため、河川敷に入ることができない可能性もあるため、場所を確保する場合は、早目に行くようにすることをおすすめ。

スポンサードリンク

また、人がたくさん押し寄せる時間帯には、できるだけ場所を移動しないようにしよう。

また、帰りの混雑もハンパないので、終わってすぐに移動するのは危険だ。

できれば一時間ぐらい余韻を楽しんでから移動すると、比較的スムーズだ。


また、電車に関しては、淀川花火大会は、梅田会場十三会場があるので、それぞれ最寄駅がことなる。

梅田会場は阪急梅田駅、JR大阪駅が最寄駅となり、十三会場は、阪急十三駅とJR塚本駅が最寄駅となる。


ただ、午後4時ごろまでなら、最寄駅で下りてもいいが、その時間を過ぎると、たいへん混雑するので、


 梅田会場ならば阪急野田駅、十三会場なら阪急の中津駅や姫島駅を利用する方が、比較的混雑を避けられるかもしれない。

淀川花火大会の終了時間は、午後9時過ぎ

ただ、一度にたくさんの人が移動するので、どちらにしても1時間~2時間かかることが多い。


また、淀川花火大会当日は、臨時駐車場は設けられないので、車で行っても駐車場はまずいっぱいで、駐車する場所はないと思った方がいい。

運よくあいていたとしても、帰りの混雑で車はほとんど進まないので、電車を利用するのがおすすめだ。


混雑を避けたければ、花火大会が終了する前に動くこと。

そして、その際もすぐに動ける場所で花火を見ることだ。

会場以外の穴場スポットとしては

 大阪府咲洲庁舎コスモタワー

 梅田スカイビル空中展望台


などもある。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ