2015 土用の丑 はなんと2日ある なぜ「うなぎ」を食べるのか

スポンサードリンク

바위가 저절로 따듯해지는 자온대에서 먹는 민물장어구이 부여 산장식당

例年、土用の丑の日にはウナギのかば焼きがスーパーの店頭に並ぶ。

暑気払いにいい、ということで、なんとなくうなぎを食べなければならないと思っている。

だが、なぜ、土用の丑にうなぎを食べるのか、その由来については、あまりはっきりわからない、という人が多いのではないだろうか。

2015年土用の丑は、

7月24日(金

8月5日(水)

2日である。

土用とは、立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間をいい、このうち「土用の丑の日」に該当するのは、立秋の前18日間(7月20日~8月6日頃)だ。

簡単にいうと、立秋前の夏の「土用の丑の日」は平均すると1.5回あることになり、年によっては、1年に2回土用の丑の日がおとずれることになる。


2014年は一回だったが、今年は、2回あるわけだ。

スポンサードリンク
また、土用の丑の日になぜうなぎを食べるのかというと、1年で最も暑いこの時期を、乗り越えるため、というのがいちばん説得力のある説明のようだ。

もともと、土用の丑の日うなぎを食べる習慣1700年頃からあったともいわれている。


まあ、うなぎはいつ食べてもおいしいが、特に暑く、食欲のない夏真っ盛りの時期は、どうしてもあっさりした物ばかり食べがちなので、栄養価の高いウナギのかば焼きを食べることは、栄養的にも理にかなっている。

家族が多いと、全員がウナギのかば焼きを食べるのは、なかなかのぜいたくになる。

寿司屋で、握り寿司を一人前頼んでも、うなぎは、事前に注文しないと入っていないことが多い。

ウナギ入りにしてもらうと、値段がかなりアップする)

だから、庶民にとって、ふだんはなかなか食べることのできないウナギを、夏バテを防ぐ、という意味で奮発して食べるのもいいことなのだと思う。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ