40代 女性の転職 資格は必要か?正社員 派遣 契約社員

スポンサードリンク

IT S REAL    20 30 40 50대 여자 직업 순위 ★ 나이제한없는 여성 직업

40代の女性転職において、資格は必要なのか。

女性40代は、子育ては一段落した年齢であり、実はいちばん仕事に真摯に取り組める年齢だ。

だが、求人を見ると、相変わらず「35歳まで」の壁がたちはだかる。


資格があれば、もう少し転職がしやすいのに、と考える人も多い。

確かに英語(TOEIC)や、医療事務、簿記などの資格があれば、応募できるところが増えるのは事実。


女性の40代での転職は、まず書類選考で落とされることも多い。


看護師などの専門的な職業なら、キャリア次第で見つかりやすいだろう。

だが、特にそのような資格がなくても、まだあきらめるには早い。


要は、その会社がどのような人材を求めているかによる。

40代の女性に求められるのは、これまでの人生経験と、指導力だ。

若い世代にない、幅広い感覚で、他の社員を管理する、そのような力を会社が求めている場合は、あなたのアピール次第では、採用にこぎつける場合もある。

だから、何もできないので、一から教えてください、という姿勢では、当然採用に至るのは難しい。

企業側が40代の女性の採用をためらうのは、スキルがないのに、他の若い社員とうまくやっていけないかったり、新しい仕事を覚えるのが困難なのではないか、という先入観によるものであることもある。

その場合は、面接で、順応性をアピールすることだ。

スポンサードリンク


正社員にこだわらず、契約社員でもまずはたらいて、自身の能力をアピールする方法もある。

ジャンルでいうならば、これからもし資格をとるなら、やはり介護の分野だ。

ヘルパーの資格なら、比較的とりやすいし、仕事は引く手あまただ。

特にヘルパーは、主婦業や子育ての人生経験がものをいう仕事なので、50代になってもバリバリ働くことができる

通常のパートよりは、時給もいい。

ただ、ヘルパーは体力的にきつい、という場合は、正社員等にこだわらず、中小企業に応募するのもおすすめだ。


正社員を目指すなら、やはり、金融・保険・看護などの資格や経験が必要になるだろう。

銀行などで勤めた経験があれば、40代の女性の就職口はけっこうあるので、転職としては有利になる。


独身で、これまで、いろんな仕事にチャレンジしてきた人もいるだろうし、離婚してシングルマザーとして、なんとしても仕事を見つけて働かなければという人もいるだろう。

あるいは、子どもたちが中学・高校へ進学し、子育てが一段落したので、フルタイムで働きたい、という人もいると思う。


ハローワークなどの求人に応募しても、結局、理由もわからず不採用ばかりで落ち込むこともあるはず。


だが、最初から自分の条件にあった仕事が見つからなくても、働く中で、また自分に合った仕事がわかることもある。

正社員にこだわらず、派遣や契約社員でもいいから、とにかくあきらめずに応募してみることだと思う。

そして、面接にまで至ったら、あなたの熱意をアピールしよう。

40代はまだまだ体力もあり、新しいことに挑戦できる年齢だ。

とにかく、あきらめず、何度でもチャレンジしよう。

あきらめなければ、必ず、あなたと相性の合う仕事にめぐり合えるはずだ。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ