2015 天神祭 花火大会 おすすめの「穴場 」スポット ゆっくり楽しめるホテルなど

スポンサードリンク 天神祭総合情報サイト   天神祭情報 「飲食情報」

大阪の夏といえば天神祭りだ。

夏のいちばん暑い盛りに行われることもあり、大阪の夏の象徴ともいえる。

2015年今年の天神祭は、

7月24日(金)宵宮

7月25日(土)本宮

花火大会は19時~21時

に行われる予定だ。

天神祭りといえば、いちばんのメインはなんといっても2日目の花火

花火がよく見える穴場を紹介しよう。

天神祭りの花火が打ち上げられるのは、大阪市北区・桜ノ宮公園グラウンドと川崎公園。

花火を見るスポットとしては、やはり

大川にかかる橋

だ。

1 源八橋

JR環状線・「桜ノ宮」駅から見える橋。

だが、ここは有名なので、たぶんものすごい大混雑になる。

行くのなら、早目に行くことをおすすめ。

2 都島橋

花火はもちろんのこと、大阪城(ライトアップされている)も見ることができる。

大阪の夏の夜を味わえる。

だが、ここも源八橋と同じく、大勢の人出でごった返すので、覚悟して行こう。

3 川崎橋

花火を見るには少し遠景になるが、源八橋・都島橋と比べると、まだ比較的人出は少ないので、穴場だ。

4 桜宮橋

ここもたいへん混雑するが、2つの打ち上げ会場からの花火を楽しむことができる。

スポンサードリンク
以上紹介した場所は、花火をばっちり楽しめ、夏の暑さも味わえるのでおすすめだが、涼しい場所で、ゆったりと花火を楽しみたいなら、やはりホテル。

花火をバッチリ見ることができるのは次のホテルだ。

 

1 帝国ホテル

2 ホテルモントレ

3 ウェスティン大阪

 

またそれ以外の穴場スポットとしては

大阪城の天守閣

OAPビル(帝国ホテルとなり)

天満橋駅の京阪シティーモール内のレストランや休憩場所

キャッスルホテル(天満橋駅出てすぐのところにある)の8階のレストラン

なども花火がよく見えるのでおすすめだ。

また、少し遠くにはなるが、リバーサイドホテル付近(JR「桜ノ宮駅」近く)からも花火大会を楽しむことができる。

天神祭り日本三大祭りのひとつ。

海外からの観光客もたくさん訪れ、毎年130万人以上の人が訪れる伝統的な祭りだ。

もちろん、地元大阪の人にとっても、夏の楽しみのひとつでもある。

暑い大阪の夜を肌で味わうなら、屋台の料理を食べながら歩くのがいいし、ゆったりと静かに過ごしたいなら、ホテルでゆっくり食事を楽しみながらというのもいい。

どちらにしても、ホテルの場合は、早くから予約を取っておく必要があるので要注意。

以上で紹介した場所以外でも、花火はけっこう見えるので、歩きながら、スポットを探してみるのも楽しい。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ