2015年の彼岸はいつ?彼岸花(ひがんばな)の花言葉と咲く季節 彼岸とは? 


スポンサードリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4347461766931132"
data-ad-slot="2340626009"
data-ad-format="auto">



피안 꽃   Google 検索

彼岸
というのは、春分および秋分を中日として、その前後の3日を合わせたそれぞれ7日間(1年でいうと14日間)のことをいう。

今年(2015年)でいうと、

 春の彼岸 3月18日 彼岸入り

      3月21日 彼岸の中日(春分の日)

      3月24日 彼岸明け


 秋の彼岸 9月20日 彼岸入り

      9月23日 彼岸の中日(秋分の日)

      9月26日 彼岸明け

よく「暑さ寒さも彼岸まで」という。

春分秋分には昼と夜の長さがほぼ同じになり、春分を過ぎると、昼が少しずつ長くなっていく。

逆に、秋分以降になると、秋の夜長といわれるように、昼が短く、夜が長くなっていく。

つまり、春は夜が短くなることにより寒さがやわらぎ、秋は、夜が長くなることによって暑さがやわらぐというわけだ。


彼岸花(ひがんばな)という言葉を聞いても、すぐにイメージはわかない。曼珠沙華(まんじゅしゃげ)とも呼ばれる。

彼岸花が咲くのは秋だ。

曼珠沙華というと、なんとなく仏教と縁が深いイメージがある。

 天界に咲く花、見る者の心をやわらげる、というような意味があるとされる。

 サンスクリット語では「manjusaka」と書く。

 昔、山口百恵の歌に「曼珠沙華」というのがあって、「まんじゅしゃか」と発音していた。

9月の中旬赤い花をつけることから、彼岸花と呼ばれるようになった。

花言葉

 情熱 独立 再会

 悲しい思い出


など、さまざまだ。


彼岸のころになると、春ならようやく長い冬が終わり、コートを着なくても外出できる日が多くなる。

着る服が少なくなることによって、体で春の訪れを感じることができる。

春の、この少しゆるんだ、なんともいえない空気が好きだ。

春は出会いの季節であり、別れの季節でもある。

新しい何かが始まるような予感に、なんとなく心がはずむ。

冬が終わり、春が始まるこの季節は、心もなんとなく、落ち着かない。

新しく始まる4月を前に、体と心が、新しい環境に向けて体調をととのえている、そんな季節なのかもしれない。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ