韓国の梅雨はいつ? 日本との違い 「7月」に韓国へ行くなら折り畳み傘を忘れずに!

 スポンサードリンク
정말 눅눅한  장마철 습기야 안녕     로렌과오뚜막

 海外旅行 便利グッズ その1

 海外旅行 便利グッズ その2

 海外旅行 便利グッズ その3

 海外旅行 便利グッズ その4



日本の梅雨は6月だが、韓国にも梅雨がある。

ただ、時期が日本とは少し違うので、旅行に行く人は注意が必要だ。


日本の本州の梅雨入りは、だいたい

 平年6月4日~12日頃に梅雨入り、梅雨明けは7月19日~27日頃

だが、韓国の梅雨入りは、日本より少し遅く、

 平年6月下旬~7月上旬

となっている。


梅雨入りがもっとも早い済州島でも、6月20日前後が梅雨入りのことが多い。

つまり、日本で梅雨は6月のイメージだが、韓国では7月が梅雨のイメージだ。


韓国語で梅雨のことを「장마 チャンマ」

という。

日本の梅雨は、しとしと降るイメージだが、韓国では

 バケツをひっくり返したようにザーッと降る

イメージが強い。

だから、梅雨時は皆、バッグに、日本のものより少し大きめの折り畳み傘を持ち歩く。

日本でよく見かける長い傘は、持ち歩きに邪魔になるので、好まれないようだ。

スポンサードリンク
7月頃に韓国に旅行するなら、突然の大雨にも対応できる、丈夫な折り畳み傘を持っていくことをおすすめ。


韓国年間降雨量の約3割が、7月に集中して降る。

ソウルは起伏が多いので、一度に大量の雨が降ると、水害になることもある。

数年前にも都心の住宅街で水害が起きたほど。

道路が冠水し、その中を歩く人の姿をよく見かける。


だから、7月は、韓国に観光に行くには、実はあまり向いていない。


逆にいうと、この時期は値段が若干休めなので、穴場ねらいで行くのもおすすめ。

戸外ではなく、大型の商業施設などで楽しめるところもたくさんあるので、本格的な夏が始まる前の、この時期に行くのもいいかもしれない。


梅雨の時期を避けるとして、韓国へ旅行に行くとすると、いちばんベストなシーズンは

 5月か6月

秋なら10月だ。

ヨン様「冬のソナタ」で、雪のシーンにあこがれた人は多いだろうが、冬の韓国は寒さが厳しい。


だから、行くならその前の10月か、遅くても11月はじめまでだ。

10月頃なら紅葉も楽しめる。

早めに予約して、韓国を楽しもう。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ