離婚の方法6 離婚を成功させるためには 「事前の準備」がすべて

スポンサードリンク
행복한 마음 유아    재판이혼서류무료상담

参照記事 離婚の方法① 子ども 仕事 住まい どう準備して実行するか?

     離婚の方法② 子ども 仕事 住まい どう準備して実行するか? とにかく仕事を始めよう

     離婚の方法③ シングルマザー 離婚を決意したらいちばんにすること

     離婚の方法④ 準備がすべて「 離婚とお金と仕事」 感情で突っ走ってはいけない

     離婚の方法⑤ 離婚を決意したら まずは仕事 資格を取るなら専門職を



離婚


世間からは、あまりよくないと思われている。

だから、周囲の協力もなかなか得られない。

特に身内ほど、反対してくる可能性もある。


だから、離婚を決意したら、まずは、お金について考えること。

家を出るにしても、子どもを連れて出るにしても、とにかく、ある程度のお金は必要だ。


このへんのことは、やはり、弁護士に相談するのをおすすめする。

知り合いの弁護士に相談すればいちばんいいが、そうでなくても、住んでいる地域にいる、いい弁護士をインターネットで探してみよう。

離婚となると、まずスムーズには行かないので、専門家のアドバイスがあると心強い。

図書館などで、離婚に関する本を読んで研究することもたいせつだ。

離婚というのは、感情だけでは、絶対にうまく行かないので、冷静に、お金について一度きっちり考えてみることだ。

スポンサードリンク
子どもがいる場合は、特に養育費の問題が重要になる。

円満な離婚のためには、事前の周到な準備が欠かせない。

弁護士費用についても、どのくらいかかるのかを前もって調べておくと、いざとなってあわてなくてすむ。

弁護士費用を立て替えて払ってくれる制度(弁護士に聞けばわかる)もあるので、弁護士費用がないといって、ためらう必要はない。


ただ、離婚をすると、必然的に経済的には、結婚していた時よりは苦しくなるので、そのへんの覚悟は必要だ。



子どもの学校や教育についてもよく考えてみよう。

そして、あなたがどうしても離婚するしかないと判断し、決意したなら、離婚の実現のためにどうするかについてだけ、一生懸命に考えよう。

今離婚せずに、10年後に後悔するよりは、少しでも若いうちに離婚する方が、あとあと後悔しない人生になる

離婚して後悔することの第一は、子どもの問題だ。

理由はいろいろあっても、子どもは一緒に連れていこう。

子どもを置いて離婚した人は、後悔している場合が多い

いくら、親子の面会権があるといっても、いっしょに生活していないと、少しずつ疎遠になっていくものだ。

特に、子どもがまだ幼かったり、思春期ならなおさら。

自分の感情よりは、子どものことを最優先に考えて、ことをすすめていくことが、離婚を成功させる重要なポイントだといえる。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ