離婚の方法④ 準備がすべて「 離婚とお金と仕事」 感情で突っ走ってはいけない

スポンサードリンク
재판이혼 절차 및 재판이혼시 준비 구비 서류   사랑퐁퐁행복퐁퐁

参照記事 離婚の方法① 子ども 仕事 住まい どう準備して実行するか?

     離婚の方法② 子ども 仕事 住まい どう準備して実行するか? とにかく仕事を始めよう

     離婚の方法③ シングルマザー 離婚を決意したらいちばんにすること

    

離婚を決意したら、次は、現実的な問題についてよく考えよう。

ドラマのように話し合って、お互い納得して、というのはかなり難しいことをわかっておく必要がある。


特にもめるのは、子どもの親権とお金のことだ。

離婚に詳しい弁護士も力説しているのが、結局、離婚とはお金の問題だ、ということだ。

もし、あなたが、男性なみの経済力があるなら、離婚の手続きはかなり容易に行くだろう。

だが、たいていの女性の場合、子育てで第一線から退いていたり、家庭に入って、社会的なつながりがないことが多い。

つまり、お金の問題がいちばんネックになるわけだ。

だから、離婚を決意したら、まず、金銭的なことについて、十分にシュミレーションする必要がある。

決意するのは感情であっても、実行に移すには冷静な判断が必要だ。

離婚というのは、結婚と違って、周囲の協力や理解も得られにくい。

親しい友人や、家族の中で、あなたに全面的に協力してくれる人を探しておくことも、このけわしい道のりを歩むのに、かなり助けになるはずだ。

仕事は、できれば正社員がいい。

それも、事務的な仕事がいいだろう。

販売などは、シフトも複雑だし、早朝や深夜に及ぶことがあるので、子どもがる場合は好ましくない。

スポンサードリンク
特に、土日や祭日も出勤しなければいけないような職種は、最初はできるだけ避けるのがいい。

家事もして、仕事もして、というのはかなりハードな生活になる。

しかも、それらをすべて、一人でこなさなければならないので、なおさらだ。

仕事が肉体的にもきつすぎると、どこかでひずみが起きるし、体をこわすおそれもある。

できるだけ残業の少ない、定時で帰れる仕事を選ぼう。


正社員で、まず定収入が得られるということが、精神的な余裕につながる。


今、仕事をしている人は、そのまま続けるようにしよう。

いちばん問題なのは、今専業主婦で、まったく仕事をしていない人だ。

その場合は、まず、仕事探しから始めるのがいい。

相手に離婚のことを切り出す前に、自分自身の足場をできるだけ固めておくことだ。

母子家庭の場合、市区町村によって、いろんな援助が得られるので、そういった情報も、インターネットを通して集めておくこと。


また、ほんとうに得する情報というのは、インターネット上にもなかなかないもの。

区役所に直接行ったり、離婚した知り合いがいたら、そういう人に直接会って聞いてみることだ。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ