転職 資格を取った方が有利か 幸せな転職 成功する転職とは?

スポンサードリンク
취업에 도움되는 컴퓨터 자격증 종류 알아보기   “컴퓨터 자격증 종류”   순간포착

不景気だと、転職も難しくなってくる。

転職をする場合に、資格を持っていることは有利なのだろうか。


採用する側の条件と、転職側の条件が一致したときに、転職が実現する。


だから、資格があっても、その資格を持つ人がたくさんいる場合は、供給過剰となって、転職の成功もむずかしくなる。

逆に、その資格をもっている人が少ない場合は、転職する側にとっては有利になる。


これが基本だ。

取りやすい資格だと、当然、その資格を持っている人も多くなるので、転職に特別有利とも言えなくなる。


主婦でも比較的とりやすいのが、ヘルパーの資格だ。

ヘルパーの場合、資格を持っていても、仕事自体が、ある程度ハードなので、つねに供給不足の状態だ。

だから、ヘルパーという仕事にやりがいを感じ、やってみようという気持ちのある人にとっては、ぜひ取得する意味のある資格といえる。

また、語学でも日本でその言語を話す人が少なく、かつ、その言語が絶対必要な業種であれば、当然有利になる。


資格を取ること自体がかなりハードな資格

 弁護士

 公認会計士

 司法書士



などは、当然、資格がなければできない職業だから、転職には有利といえるだろう。

スポンサードリンク
資格がそのまま就職につながらない資格を、ただ漫然ととるのはすすめない。

将来的に考えて、自分がどういう方面の仕事をしたいのかをじっくり考えてみることだ。

転職に有利になるのは、実は「資格よりキャリア」であることの方が多い。


つまり、どんな資格を持っているか、より、どんな業種で働いて来たのか、が重要になるのだ。


そういう意味で、ある程度、長期的な計画をもって、段階を踏んで、資格に挑戦したり、自分の目的とする職業につくための準備段階として、仕事のキャリアを積み重ねるという計画性が必要だ。


基本的には、自分がやりたい、興味を感じる職種を追求していくのが、幸せで、成功率の高い転職作戦になるといえるだろう。

資格の取得も、その計画の延長線上で考えることが、資格取得のための勉強のモチベーションにもつながる。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ