資格試験 おすすめの勉強法 ポイントは「過去問」とにかく繰り返す

スポンサードリンク
한국사능력검정시험  공부방법에 대한 모든것을 알아보자    찐빵의 IT블로그

参照記事:中間テスト 定期テスト 勉強法 中学 高校 80点を取る勉強法でまず自信をつけよう

夏休みの宿題 今年こそ余裕で終わらせよう

夏休み前で決まる 夏休みの宿題を早く終わらせる方法

転職 資格を取った方が有利か 幸せな転職 成功する転職とは?

40代からの女性の転職 資格よりもキャリアで勝負しよう

資格試験を受けるとき、まず手にするのは、

過去問

だろう。

誰もが、まず過去問を解く。

受験勉強の方法として、一般的に、テキスト(教科書)をマスターし、問題集で力試し、という方法がスタンダードとされている。

だが、範囲の広い資格試験では、そんなゆうちょうなことはやっていられない。

まず、過去問から解き始めよう。

だが、自分がある程度基礎的な知識のある科目でない場合は、とにかく過去問を繰り返すことをおすすめする。

ここで、たいせつなのは、過去問の選び方だ。

かならず、解説がくわしく、読んで理解しやすいものをセレクトしよう。

ここで解き方だが、問題集の問題の数と、試験までの日数によって、一日に解く問題の数が変わって来る。

過去問が100問で、一日に5問とすると、20日で一通り終わることになる。

この時たいせつなのが、5問解いたときにまちがった問題があるとして、2回目にそのまちがった問題だけを解く、という解き方をしないことだ。

つまり、翌日もまた、前日に解いた5問を先に解く。

そして、その次に、今日のノルマである、新しい5問を解く。

そうすると、毎日、一日に解く問題数が増えていく。

スポンサードリンク
それでは、たいへんではないか、と思うかもしれないが、毎日解いていると、以前解いたところはどんどんスピードが上がっていくので、思うほどたいへんではない。

そして、5問全問正解になったら、「クリア」とし、連続10回クリアするまで問題を解き続けるのだ。

順調に行くと20日プラス10日=30日で、この目標を達成することができる。

かりに、予備として、10日よぶんにかかるとしても40日だ。

40日で、同じ過去問を10回繰り返し解いたことになる。

たいていの場合、ここまで過去問を徹底してやる人はいない。

これをやると、毎日復習していることになるので、記憶がつねに鮮明になる

最後の方では、問題を解くスピードが当初の3倍くらい早くなっているはずだ。

通常の、1回通して解いて、それが終わってからまちがった問題だけを解く、というやり方より、数段、身につく勉強法だ。

特に難関の資格試験の場合は、この方法が威力を発揮する。

もう少し難易度の低い試験なら、「5回連続クリア」に減らしてもじゅうぶん効果がある。

この方法で解くと、40日後には、その科目の過去問は、完全にマスターした状態になっている

あとは、模擬テストを受けて、弱点をあぶり出し、そこを復習するだけでOKだ。

この方法の威力はすごいので、一度チャレンジしてみてほしい。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ