真夏日とは 熱中症にかかったら 熱中症対策 室内でも安心できない

スポンサードリンク 생글생글  생기인  1577 6375    여름이 두려운 햇빛 알레르기  그 원인은

真夏日とは、日中の最高気温が30℃以上の日をいう。

日中の最高気温が25℃以上30℃未満の日は夏日という。


日中の最高気温35℃以上の日は猛暑日だ。


これまでの真夏日の合計日数の記録は、

 東京 71日(2010年)


 大阪 93日(2004年)


暑い日が続くと心配なのが、熱中症だ。

熱中症の予防策
 
 1 体調を整える

     睡眠不足や疲れているときなど、体調が悪い時は、外が暑い日中の外出を控える。


 
2 通気性のよい服を着る

    通気性のよい服を着て、帽子をかぶる。

 3 水分補給をこころがける

    のどが渇いたと感じる前に少しずつ水を飲むようにする。

    特に高齢者は水をあまりとらないことが多いので、周囲が気を配ることがたいせつだ。


熱中症になったら

 1 涼しい木陰や、冷房のよく効いた室内に移動する

 2 楽な服装に着替えて横になる

 3 体を冷やす


    氷や冷やした水でしぼったタオル等を手足にあてる。

 4 水分を補給する

    水よりはスポーツドリンクなどを回数を分けて飲む


熱中症は、戸外でだけかかるとは限らない。

夏の日中など、室内でエアコンをかけずに作業をしていると、知らない間に室温が上がっていて、熱中症にかかることがある。

暑い時は、できるだけエアコンをつけて過ごすようにしよう。

そして、もし気分が悪くなったら、エアコンをすぐにかけて室内の温度を下げ、水分をじゅうぶんにとって、氷水で濡らしたタオルを手足にあて、横になって休むことがたいせつだ。

特に、これからの季節は、日中は予想外に気温が上がることが多いので、室温のチェックは必須だ。


スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ