産後の腰痛 その原因と対策について

スポンサードリンク

일하는 엄마의 효율적 육아 습관 2

赤ちゃんの誕生でほっとしたのもつかの間。

長引く産後の腰痛に悩むママは多い。

産後に起こる腰痛原因と対策について考えてみよう。


産後の腰痛の原因

 1 骨盤のゆがみ

    出産により、骨盤は最大に開いた状態になっている。

   そこに力が加わると、それが腰痛につながる。

   出産前から、生理痛がひどい人や、痩せている人、貧血気味の人は、産後の腰痛のトラブルを抱えることが多い。


 2 育児による腰への負担

    赤ちゃんを抱っこしたり、授乳の際にも赤ちゃんを抱きかかえるなど、それまでの生活では使わなかった筋肉を使うことにより、その負担が腰にかかる。

    また、寝ながらの授乳など、無理な体勢を取ることが多くなり、それが腰への負担となって、腰痛になる。


出産後すぐの腰痛や恥骨の痛みは、出産による体の変化から、通常の体への回復の過程で起こるものだ。

だが、痛みがあまりに長期間続くようなら、早目に対策をとることが必要になってくる。

出産前に運動不足の状態が続いていたりすると、骨盤がもとに戻りにくくなることがある。


産後の腰痛対策

 骨盤矯正

  簡単にできる体操で、骨盤の矯正を行う。

  仰向けに寝て、脚を直角に立てる。

  そのままの状態で、左右交互にひざを倒していく。
 
  できる範囲で(1~2分)ゆっくり続ける。


  寝る前などにやってみることをおすすめする。


  また、あまりに痛みがひどい時は、骨盤矯正ベルトトコちゃんベルトなど)の着用もおすすめだ。

スポンサードリンク

あたためる

 血行を良くすることで、痛みがおさまることもあるので、腰を温めるために腹巻を当てたり、カイロを当ててみることも有効だ。


ストレスを発散する


 産後は、慣れない育児や睡眠不足で、知らない間にストレスがたまっているもの。

ストレスがたまると血流が悪くなるので、それが腰痛の原因になったりする。

たまには、育児から離れて、ひとりになる時間を持ち、上手にストレスを発散しよう。

家族にも、そのつらさを理解してもらうことがたいせつだ。

あまりに腰痛がひどい時は、マッサージを受けるのもいい。

脚の痛みが腰痛の原因になることもあるので、脚をマッサージしてもらうと、腰痛が改善する場合もある。

スポンサードリンク  
 


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ