熱帯夜 酷暑 猛暑を快適に 夏バテしないために

スポンサードリンク
에너지 넘치는 일상을 위해 꼭 따라 해야 할 아침 10분 스케줄   당신의 건강가이드 헬스조선

酷暑日・猛暑日の連続。熱帯夜が続くと、暑さで目がさめて、熟睡できないことがある。

夏はどうしても、体力を消耗するので、夜の睡眠がじゅうぶんとれないと、昼間も疲れが残ってだるくなりがちだ。


熟睡するには、まず昼の活動がたいせつ。


朝はできるだけ早く起床し、日光を浴びよう

それで、体のリズムがリセットされ、ホルモンが正常にはたらいて、夜になると自然に眠気が訪れる。

そのためには、適度に体を動かすことがたいせつ。

通勤ではできるだけ歩き、家でも家事などで積極的に体を動かし、肉体を疲れさせること。

また、夜に入浴するときは、できるだけぬるめのお風呂にゆっくりつかる。

暑いので、どうしてもシャワーで済ませがちだが、少しでもバスタブにつかることで、全身の筋肉がほぐれ、また、体温を上昇させることが、あとで心地よい睡眠をもたらしてくれる。

入浴したあと、だいたい3~4時間で眠気が来るので、そのタイミングを逃さずにふとんに入ることだ。

寝室は、エアコンで温度を調整しよう。

リビングと寝室が別の場合、寝室のエアコンは、ふとんに入る1時間前にタイマーが入るように設定する。

そして、設定温度も通常よりやや低めに設定しておく。

そうすると、ふとんに入った瞬間とても涼しく、快適に眠りに入ることができる。

スポンサードリンク
ここでポイントは、寝る時には設定温度を上げておくことだ。

温度は、いちがいには言えないが、

 28度~29度

の間で調節しよう。


暑ければ、もう少し下げてもいい。

自分の体感温度に合わせて、適度な温度を見つけることが安眠の秘訣だ。


そして、たいせつなのは水分補給

夜寝る前には十分に水分をとっておくこと。

また、枕元にもコップ1杯の水を置いておいて、夜目が覚めたときに飲むとよく眠れる。

朝、起きたあとも、水を飲むことで、スムーズに目覚めることができる。

食事もそうめんなどのあっさりしたものではなく、きちんとした料理をとることが、夏バテ対策には重要だ。


エアコンはつけっぱなしで、設定温度を上下することで、酷暑日・猛暑日熱帯夜を乗りきることができる。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ