熱帯夜を快適に過ごす工夫

スポンサードリンク
‘잠이 보약’ 수면 건강 종합박람회 큰 호응


参照記事熱中症対策 室内 夜 エアコンの使い方

ドーパミン ヤル気ホルモン セロトニン メラトニンとの関係

真夏日とは 熱中症にかかったら 熱中症対策 室内でも安心できない


熱帯夜の季節。

熱帯夜を快適に過ごすには、やはりエアコンをうまく使うことだ。

就寝の1時間前にタイマーが入るようにセットしておく。

この時の設定温度は、快適と感じる温度より、さらに1~2度低めに設定しておくこと。

そして、ふとんに入る時は、設定温度を上げる

この上げる温度の設定がとても重要だ。


高すぎると、暑さでまた目が覚めることになるし、低くても、寒さで目が覚める。

その微妙なころあいを自分で、何回か試して経験してみることだ。

寝ている時は、起きている時より体温が下がっているので、少し高めでも、それで目が覚めることはない。

熱帯夜なのに、エアコンで冷え過ぎて、スイッチを切ってしまうと、また暑さで目を覚ますことになる。

夏に熟睡できないのは、このエアコンの温度設定がうまく行っていないことが原因のひとつだ。


だから、スイッチを切るのではなく、温度の設定を上下させることで、朝まで一度も目がさめずに熟睡することが望ましい。

また、夜中寝ている最中にリモコンをさわると、まちがって「冷房」を「暖房」に切り替えてしまったりして、悲惨なことになる危険があるので注意しよう。

そんな、不幸な事態を避けるためにも、枕元に、手元でスイッチを入れられる小さなスタンドを置いておくことをおすすめする。

スポンサードリンク
熱帯夜を何日か過ごして、夜の快適な室温を発見したら、いつもその温度を、ふとんに入るときに設定して、朝までつけっぱなしにして寝るようにしよう。

この、寝る前に寝室をひんやりさせておく、ということは、熱帯夜の安眠を左右するたいせつなポイントだ。


また、そのほかの工夫としては、夜は湯船にゆっくりつかること。

昼間、たっぷり汗をかいて疲れている体を、お湯でほぐしてあげよう。

暑いからといって、シャワーだけで済ますのは、安眠のためにはNGだ。

湯船につかって、体の芯の温度をいったん上げることで、1~2時間後に、自然に眠気が訪れる


また、朝起きたら、できるだけ太陽の光を浴びること。

光を浴びることで、体内時計がリセットされ、それが、夜になると自然に眠くなるホルモンが出てきて、安眠に導いてくれる。

また、寝る前にはできるだけ、携帯などはいじらないことだ。

夜は、できるだけ間接照明にして、蛍光灯の灯りから遠ざかってリラックスすることも、心地よい眠りをいざなうポイントといえる。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ