熱中症対策 室内 夜 エアコンの使い方

スポンサードリンク
가가호호 에스원    여름엔 주의하세요  열대야 이겨내는 맥주가 비만을 가져온다  BR   열대야 현상에 잠못드는 밤 건강하게 맥주 마시기

熱中症といえば、炎天下を歩いていると起きる、という印象があるが、室内で起こることも多いので注意が必要だ。

特に、主婦など、日中は、電気代節約のためにエアコンをつけずに、窓を開けて自然の風で過ごす傾向があるため、知らないうちに室内の温度が上がっているのに気づかず、熱中症にかかることがある。

室温計デジタルの電波時計で、室温も同時に表示されるものがおすすめ)を用意し、常に温度をチェックし、エアコンをつけるようにしよう。

また、体調の異変を感じたら、とりあえず水分をとり、体を冷やすこと。

できれば、保冷剤冷凍室に常備しておいて(ケーキなどを買ったときについてくるものでよい)、その保冷剤首の後ろや、脇の下太もものつけ根などにあてる。

これらの部分は、体の中でも太い血管が流れているところなので、上がった体温を一気に下げるのに効果的だ。

そして、エアコンをつけて涼しくした室内でしばらく横になることだ。

気温の変化が激しい、梅雨から梅雨明けまでの時期は、体がなかなか、急激な気温の変化についていけず、体調を崩しやすい。

事前の備えが何よりたいせつだ。

次に注意するのが、夜のエアコンだ。

夜、タイマーをかけて寝る人が多いと思うが、本格的な熱帯夜が到来したら、エアコンは一晩中つけっぱなしにするのがいい。

なかでもおすすめは、寝る前にタイマーをかけておいて、就寝時間の一時間前にスイッチが入るようにセットしておくこと。

この時の室温は、少し低めに設定しておく。

そうすると、眠るときひんやりしていて、スムーズに眠りに入ることができる。

気をつけるのは、いざ寝る時は、室温を2度くらい上げることだ。

そして、その温度で、朝までつけっぱなしにしておく。

スポンサードリンク
エアコンは電源が入った時にいちばん電力を消費するので、スイッチを入れたり、切ったりするよりも、室温の上下で調節する方がいい。

寝る間際は低めの温度なので、それより2~3度高めに設定しておいても、熟睡したらちょうどいい温度に感じるはずだ。

エアコンをタイマー設定にして、夜中にスイッチが切れると、また室温がぐんぐん上がり、不快感で目がさめて、安眠できない。

快適な睡眠をとるためにも、

1 エアコンは一晩中つけっぱなし

 2 寝る前一時間前に低めの温度で室内を冷やしておく

 3 寝るときは、室温を2~3度上げる

これを習慣にしよう。

室温の目安は、2~3日過ごせば、自分にとっていちばん快適な温度が体感できるはず。

もちろん、枕元にコップ一杯の水を用意しておいて、寝る前と起き抜けに飲むことも忘れずに。

賢くエアコンを使って、熱中症を予防しよう。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ