熱中症予防 屋外と室内での対策 服装とエアコンの利用法について

スポンサードリンク
건강나래    더위야  납작 엎드려라

猛暑日・酷暑日が続くと、熱中症にかかる人が増えてくる。

できるだけ、日差しが厳しい日中に、長時間の外出をすることは避けたい。

熱中症予防としては、とりあえず、水分をこまめに補給すること。

麦わら帽子などの通気性の良い帽子、服を着て、熱が体にこもらないようにすることも大切だ。

外を歩いていて、暑さを感じたら、エアコンの効いたところで、暑さをしのぐのも大切。

営業で外回りが多い人は、こまめに休憩をとるようにしよう。

また、室内では、何といってもエアコンを適切に使うこと。

室温が30℃を越えている時は、扇風機ではダメ。

必ずエアコンを使用しよう。

エアコン扇風機を併用するのがおすすめだ。

そして、エアコン扇風機の風は、直接、体に当たらないように角度を調整しよう。

スポンサードリンク
室内だからと安心している人がいるが、室内でも熱中症にかかる。

熱中症予防には、とにかく体を冷やすことだ。

また、体力が弱っていると、熱中症にかかりやすくなるので、特に睡眠はじゅうぶんにとるようにしよう。

暑いと食欲がわかず、あっさりした食事や、アイスなどを食べがちだが、きちんと栄養を取るこうに心がけること。

夜は、熱帯夜の対策が必要だ。

熱帯夜対策には、なんといってもエアコンの使い方が重要。

エアコンはタイマー設定にせず、一晩中つけっぱなしにするのがポイントだ。

水分補給で塩分を含んだスポーツドリンクがすすめられているが、飲み過ぎには注意。

スポーツドリンクには、糖分がたくさん含まれているからだ。

あくまでも、汗をたくさんかいた時などに、補充的に使用し、基本を水と考えよう。

日中の服装に関しては、風通しのよい服装をできるだけ身につけよう。

女性の場合は、少しゆったりめのワンピースとサンダル、日傘が、熱中症予防ファッションとしてはおすすめだ。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ