沈丁花の花言葉と「春よ来い」 プレゼントに贈る花としてぴったりな花

スポンサードリンク
沈丁花

卒業式のシーズンですね。

日一日と春の足音が近づいている今日この頃。

街中に沈丁花香りがあふれています。

沈丁花は、松任谷由美「春よ来い」という歌の歌詞の冒頭にもある花。


沈丁花 (じんちょうげ)

12月15日の誕生花



「春よ来い」は、卒業式などでもよく歌われる歌ですね。

沈丁花花言葉は、たくさんあります。

 永遠、不滅、栄光、不死、歓楽 信頼、青春の喜び

など。

すべて、肯定的な意味ですね。

沈丁花で有名なのは、その香り

沈丁花甘い香りは、アロマオイルや、香水にも使われています。

花びらのかたちが、月桂冠に似ているので、栄光という意味があるのだという説もあります。


沈丁花の開化時期は、2月後半から3月です。

春の花といえば、梅や桜のイメージですが、沈丁花も、春を告げる花のひとつです。


このような花言葉から、いろんな場面で、プレゼントに最適な花と言えますね。

たとえば、志望校に合格した友だちや、昇進した同僚や、上司。

また、「不滅」の花言葉から、闘病中の知り合いのお見舞いの花としても最適ですね。

また、沈丁花には「甘い生活」という花言葉もあるので、新婚生活を始めた友人に贈るにもぴったりの花と言えますね。

かわいらしく、かれんな花のかたちと、香り高い花束は、このシーズンに贈る花としてぴったりといえます。


スポンサードリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4347461766931132"
data-ad-slot="2340626009"
data-ad-format="auto">



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ