東方神起 ユノの兵役 入隊 近づき SMエンターテインメントの今後にかげり 少女時代もかつての勢いはなく

スポンサードリンク
★동방신기 단체사진 모음★TVXQ★

東方神起少女時代と世界で活躍するKPOPスターを抱えるSMエンターテインメント

その栄光にかげりが見え始めたとのうわさが、韓国の証券街でしきりだ。

SMエンターテインメントの繁栄を支えている大きな柱は、東方神起少女時代


その両翼のひとつである、東方神起が、兵役により今後2年以上活動の中断を余儀なくされている。


少女時代の人気にも少しずつかげりが見え始めている。

リーダーのテヨンをはじめとするメンバーたちは1989年~1991年生まれ


2007年にデビューした当時は、少女だった彼女たちも、今は25歳前後

「少女」というコンセプトだけでアピールするのがむずかしくなってきた最近では、新しいイメージづくりに取り組んでいる。

だが、反応はまだ期待には及ばない。


昨年の3月に出したアルバム「ミスターミスター」も大成功とはいえなかった。

おまけに昨年は、メンバーの一人であるジェシカの脱退もあり、人気の回復がよりいっそう難しくなった。


昨年、SMエンターテインメントの株価が不振だったのは、主力グループのメンバー脱退も一役買っている。

ジェシカの脱退もそうだが、今後SMエンターテインメントを引っ張っていく成長株のEXOのメンバーの脱退も痛手といえる。


SMエンターテインメントは、他の芸能会社にくらべて、主力グループメンバーの脱退が特に多い会社だ。


メンバー内の売り上げの配分に対する不満がおもな原因だった。

HOTのメンバー5人のうち3人が脱退、東方神起も結局、5人のうち3人が脱退した。

(脱退した3人はJYJとして活躍している)

2009年にはスーパージュニアの中国人メンバーが脱退している。


 問題は、度重なる歌手と会社の間の不和が、SMエンターテインメントの今後の不振をもたらす可能性があること。

SMエンターテインメントのライバル会社であるYGでは、SMエンターテインメントのような売り上げの配分をめぐるトラブルはない。

毎回、所属タレントとの間にトラブルを引き起こしている、今の構造を変えない限り、また問題が起こる可能性があるといえる。

東方神起・ユノの入隊が迫る中、SMエンターテインメントは、難題に頭を抱えている。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ