東方神起兵役 迫る!ユノとチャンミン 2015年がタイムリミットか? 元東方神起 JYJ ジェジュンは今月入隊決定!同時に行くか 別々に行くか 兵役免除はある?


スポンサードリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4347461766931132"
data-ad-slot="2340626009"
data-ad-format="auto">




동방신기 “디스  지금은 어떤 가사를 불러도 디스 같을 것”   텐아시아

東方神起のファンにとって今気になるのは、ユノチャンミン兵役がいつになるか?ということだろう。

所属事務所では、発表していないが、年齢的に、ユノは今年中には入隊しなければならない。

ユノ1986年生まれ

韓国では、28歳までに兵役に行く義務がある

韓国の兵役法では、1986年生まれは、2015年だと、何月生まれであっても「28歳」と計算する。

チャンミン1988年生まれ)は、まだ2年猶予があるが、ユノチャンミンが同時に行くのか、それとも時期をずらしていくのか、というところが、所属事務所の判断が気になるところだ。

その点、元東方神起ジェジュンは、今月末に入隊することを発表した。

JYJ Jaejoong to Pre Release  ONE KISS  from Upcoming Solo Album  MINE    Soompi

元東方神起のメンバーの中では、初の兵役入りだ。

ちなみに、元東方新起、現在JYJの三人、

 ユノ、ジェジュン、ジュンスとみな1986年生まれなので、28歳。そう、兵役のタイムリミットを迎えている。

ジュンスが、入隊を発表したのは、出演していたドラマ「スパイ」が終了したからだ。

JYJは今、ユノジェジュンと、ソロで俳優としても活躍している。

ユノ「スリーデイズ」という製作費10億円を投入した超大作ドラマで主役を演じ、演技力を見せつけた。

ジュンス「トライアングル」「スパイ」と昨年から立て続けにドラマに出演し、話題を呼んでいる。

だから、入隊の時期は、それぞれのスケジュールを調整してとなるだろう。

동방신기   Destiny MR 반주   엠알목록   커버메이커
JYJももちろん日本では人気のあるグループだが、やはり東方神起のネームバリューは、日本では大きい。

それだけに、ユノチャンミン入隊の時期が気になるところ。

兵役の期間は2年だから、もし、ユノチャンミンが時期をずらしていくと、最長で4年間、東方神起としての活動ができなくなる。

ただ、チャンミンも、今の時期で兵役に行くと、帰って来たときには、30歳になっている。

これは、アイドルとしては、悩みどころだろう。

2人で、ぎりぎりまで活動し、まず、ユノが兵役に行ったあと、チャンミンがソロで活動を続けるのではないか、と予想している。

その方が、ファンに忘れられる可能性が少ないからだ。


ユノチャンミンのトーク番組を見たことがあるが、印象としては、

 ユノは苦労人(実際、経済的にもかなり苦労したらしい)

 チャンミンはお坊ちゃま(実家は裕福らしい)

という印象だ。

 リーダー格のユノがいないところで、チャンミンが一人で活動するのは、少したいへんな面もあるかもしれない。

だからといって、2年後にチャンミンが兵役に行くとなると、4年もの長い空白期間が生まれてしまう。

だから、私の予想では、今年の終わりまでにユノが兵役に行き、1年後くらいにチャンミンが行くのではないかと思っている。

東方神起のファンからは、ユノチャンミンは免除されるのではないか、という、噂も流れているが、その可能性はかなり低い。

兵役の免除は、身体に障害があるなど、かなり限られた条件でしか認められていないからだ。

韓国では、だいたい、大学生の時期に行くことが多いのも、そういう理由がある。

20代後半になって、兵役に行くとなると、就職していたり、結婚していたりで、経済的にたいへんだからだ。

兵役期間に支給される給与は、月7000円~8000円と言われている)


そういう意味で、アイドルもほんとうは無名の時期、10代の終わりか20代の初めに行っておけばいいということになるが、その時は、アイドルとして、トレーニングを受ける時期でもあるので難しかったりする。


東方神起のように、人気絶頂の状態で、2年の空白ができるのは、とても大きい。

所属事務所にとっても、苦渋の決断が迫られる。


だが、韓国では、軍隊に行ってきたことが、社会的に認められるたいせつな要素でもある。

特に人気のあるアイドルであればあるほど、その義務をきちんと果たすことが、長い目で見て、芸能界で活躍する上でも大切な要素となる。

東方神起の今後の活躍のためにも、通り抜けなければならない関門といえる。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ