日焼け止め 敏感肌 「肌トラブル」を防ぐ洗顔のポイント

スポンサードリンク
여름철 필수품  ‘자외선차단제’의 진실   하이닥

関連記事  日焼け止め 「敏感肌」のあなたに 「プチプラコスメ」で肌を守って美白しよう

          プチプラコスメ 「敏感肌」にもおすすめ 通販で買えるBBクリーム


日差しが強い季節。

美白のためには、日焼け止めでばっちり紫外線対策したいところ。

でも敏感肌の人にとっては、日焼け止め自体がまた肌のトラブルを起こす原因となることも。

「赤ちゃん用」と表示されている日焼け止めでも、敏感肌の人には肌トラブルのもとになることがあるので要注意だ。


帽子などで防ぐのがいちばんだが、それだけでは、夏の紫外線を防ぐのは難しい。

敏感肌の人は、季節の変わり目(特に春先など)や、体調などによって、ふだん使う化粧水でもトラブルを起こすことがある。


とりあえず、肌に刺激を感じたら、その商品はしばらく使わないことをおすすめ。

顔以外の肌に関しては、できるだけ袖のあるものを着て、紫外線をよけるようにしよう。


また、日焼け止めを塗る前には、キチンとスキンケアをし、化粧水・乳液を塗ったあとに日焼け止めをつけること。


顔そりのすぐあとや、素肌日焼け止めを塗るのは禁物。


紫外線吸収剤の含まれているものは、敏感肌の人にとっては肌トラブルを起こすことが多いので、避けた方がいい。

紫外線散乱剤を使用した日焼け止めを使用しよう。

それも、いきなり顔にぬるのではなく、手などに少しつけて、様子を見て、トラブルがなければ顔に使用すること。

スポンサードリンク
洗顔のしかたもたいせつ

クレンジング油分でまず化粧成分を浮かせるクリームタイプのものを使い、その後石けんを泡立てて使う二段階で落とすこと。

敏感肌の人は、クレンジングでも肌トラブルを起こすことが多いので、このやり方がおすすめ。

クレンジングをこの方法に変えるだけでも、肌トラブルを防ぐことができる。

洗浄力の強いクレンジング剤は、逆に肌トラブルのもとになるので、使用しない方が安全。


ドラッグストアなどに行くと、紫外線防止効果の高い日焼け止めがずらりと並んでいるが、敏感肌の人は、これらの商品は避けること。


紫外線散乱剤を使った日焼け止めの中で、自分に合うものを見つけることだ。

ただ、敏感肌の人も、肌の状態に合った化粧品を使うことで、肌質が変わることもある。


スタンスとしては、まず、肌に違和感(赤み、かゆみ)を感じたら、ただちに使用をやめること。

常に自分の肌の状態に敏感になり、慎重に化粧品を選ぶことがたいせつだ。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ