敏感肌 日焼け止めを使わずに 美白を保つには

スポンサードリンク
102 건강 다가온 여름  눈 건강 꼭 챙기세요    굿모닝백이안과

参考記事:敏感肌でも使える「日焼け止め」を探す 「肌トラブル」を防ぐために

  夏の化粧 化粧崩れを防ぐには 下地がポイント

     敏感肌でも使える「日焼け止め」を探す 「肌トラブル」を防ぐために

     日焼け止め 敏感肌 「肌トラブル」を防ぐ洗顔のポイント

     プチプラコスメ 「敏感肌」にもおすすめ 通販で買える BBクリーム

     日焼け止め 「敏感肌」のあなたに「 プチプラコスメ」で 肌を守って美白しよう

     水洗顔がいい? 洗顔後 何もつけない 美容法? 美肌を目指すためには



夏になると紫外線が気になる。

紫外線はお肌の大敵。美白を目指すなら、紫外線はできるだけシャットアウトしたい。

だが、なかなかそうもいかないのがつらいところ。

普通肌なら、日焼け止めを丹念に塗ることで日焼けを防ぐことは、ある程度可能だが、敏感肌の場合、紫外線吸収剤入りの日焼け止めを使うと、赤みやかゆみなどの肌トラブルを起こす危険性がある。

この場合は、できるだけ、服装で工夫することだ。


半そでの上に長袖(通気性のある、涼しい素材のもの)を着ること。

また、足元も、サンダル履きはやめる。

サングラスや、日傘を常にもって、外に出るときは、使用するなど。

だが、日焼け止めを使用しないと、なかなか、紫外線の影響から免れることは難しいのが現実。

上にあげた方法で、今いち紫外線の影響を防ぎきれないと感じたら、

 紫外線吸収剤

の入っていない日焼け止めを探すこと。

スポンサードリンク

具体的にいうと、

 紫外線吸収剤フリー

や、

 ノンケミカル

の表記のあるものを選ぶこと。

また、敏感肌の人は、乾燥しやすい肌の持ち主であることが多いので、保湿成分が含まれているものだともっといい。

 アルコールフリー



 低刺激

などの表記だと、敏感肌向きとはいえない。

いちばん、確実なのが、

 紫外線吸収剤フリー

の表記のあるものだ。

このような表記のある日焼け止めだと、石けんですぐに落とせるので、肌に与えるダメージも少ない。

ただ、どちらにしても、肌にまったく負担がないわけではないので、ダブル洗顔でていねいに落とすことと、その後の化粧水による保湿と乳液による仕上げを忘れないようにしよう。

また、夏は、エアコンでけっこう肌が乾燥するので、水分をこまめにとることがたいせつだ。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ