敏感肌でも使える「日焼け止め」を探す 「肌トラブル」を防ぐために

スポンサードリンク
여름철피부건강지키기  올여름 뜨거운태양으로부터피부를보호하다

参考記事: 日焼け止め 敏感肌 「肌トラブル」を防ぐ洗顔のポイント

     プチプラコスメ 「敏感肌」にもおすすめ 通販で買える BBクリーム

     日焼け止め 「敏感肌」のあなたに「 プチプラコスメ」で 肌を守って美白しよう

     水洗顔がいい? 洗顔後 何もつけない 美容法? 美肌を目指すためには



夏の紫外線が厳しい季節。

シミソバカスなど美白の大敵といわれる紫外線

日傘や服でカバーしても防ぎきれないのが、紫外線だ。

ドラッグストアに並んでいる日焼け止めは、たいていの場合、肌トラブルをかかえる敏感肌には遠い存在だ。

一般に販売されている日焼け止めには、紫外線吸収剤が使用されている。

紫外線吸収剤を使用している日焼け止めは、日焼け止め効果は高いが、肌への刺激が強い。

なので、敏感肌の人が、紫外線吸収剤入り日焼け止めを使用すると、テキメンに肌が赤くなったり、炎症を起こしてしまう。

「ベビー用」

「アルコール不使用」

「低刺激」

などの表示があっても、安心できない。

それらの表示があっても、紫外線吸収剤が含まれていることが、ほとんどだからだ。

だから、日焼け止め剤を選ぶときのポイントは、

 「紫外線吸収剤フリー」

または、

 「ノンケミカル」

という表示のあるものを選ぶことだ。

スポンサードリンク
そして、それをまず、手などに少しつけて、数日間、太陽の下を歩き、様子を見ること。


一週間くらい使って何も症状(赤み、かゆみ、はれなど)がでなければ大丈夫だろう。


どの成分が自分の肌に合わないのかを調べるために、

「パッチテスト」

をするのが良い、といわれるが、日焼け止め剤や、ファンデーションなどに含まれている成分はとても多い。


一般の皮膚科で、使用する日焼け止め剤を持って行っても、とても検査できるものではない。


私も、以前、日焼け止め剤で炎症を起こしたときに、皮膚科の先生に相談したときに、そう言われた。

それ以来、基本的には

 紫外線吸収剤

が入っている日焼け止め剤は使用しないことで、肌トラブルを防いでいる。


また、季節の変わり目(特に春先など)には、いつも使って大丈夫なアルコール入りの化粧水でも、刺激を感じることがある。

特に、春先は、肌が乾燥して、かゆみを感じることが多いので、肌が過敏になっているのだ。(特に、敏感肌の場合は、ちょっとした気候の変化も反応しやすい)

そういう時は、化粧水「アルコールフリー」のものに変えたりして対処する。


敏感肌といっても、1年中同じ状態ではない。

自分の肌の状態と相談しつつ、化粧品を上手に選ぶことがたいせつだ。

特に、肌にとって乾燥がいちばんダメージになるので、保湿ケアを重点的に行うことが重要だといえる。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ