授業参観の服装 ②おすすめの保護者の服装 母親のファッションファッション マナー メイク &ネイル  気をつけたいことは? 幼稚園 小学校 中学校の場合

スポンサードリンク
올바른 세안법  화장은 하는 것보다 지우는 것이 더 중요하다    네이트판

家庭訪問の場合は、服装にはそれほど気を使う必要はないが、

授業参観服装はなかなか難しい。

幼稚園だと、普段着でもまったくいいと思う。

小学校でもそれほど構える必要はない。

ただ、メイクは気になるところだ。

特に子どもが小学校に通うお母さんに多いのが、20代のころの、最初にメイクを覚えたときのメイクから進化していない人。

30代には30代のメイクがある。

30代になったら、アイメイクもある程度変えるべきだと思う。

ふだんはある程度自由に好きなメイクをしてもいいが、授業参観のときは控えめにしよう。

20代のようなアイメイクでは、あまりにも幼く見える。

TPOというものがある。

アイメイクと、ネイルには特に注意が必要だ。

ネイルはするとしても、あまり奇抜なデザインはやめた方がいい。

また、40代の場合は、ファンデーションの厚塗りに注意しよう。

ノーメイクは論外だが、ファンデーションの厚塗りはよけいに老けて見える。

できるだけ素顔のように見えるメイクの方が、若々しく見えるものだ。

特に子どもはお母さんが若々しく、きれいだと思われたいと思っている。

ファッションも重要だが、メイクにもそれなりに注意を払おう。

授業参観では、学校の先生だけでなく、多くの保護者があなたを見ている。

親のファッションメイクが印象を決めるもの。

保護者としてどう見えるか、に注意を払おう。

家で子育てだけをしていると、いつの間にか世間の流行から遅れている可能性がある。

職場にしても、電車で都市に出かける場合は、いろんな同性のファッションを目にすることが多いので、自然に流行に敏感になる。

だが、職場も家の近くで、ふだん接するのも、同世代の子どものお母さんたちだけの場合、どうしてもアンバランスなファッションとメイクになりがち。

休みの日は積極的に繁華街に出かけて、流行のファッションを観察しよう。

また、デパートの化粧品売り場で、プロにメイクをしてもらうのもいい。

「ファンデーションを探している」といって相談すれば、メイクもしてくれる。

ついでにアイメイクやシャドウの入れ方も聞いてみるといい。

彼女たちはプロなので、最先端のメイクを知っている。

ハイライトの入れ方ひとつにしても、流行によって、入れる位置や、はやりの色も違うもの。

たまに新しい自分に出会うためにも、最新のメイクを研究するのはたいせつだ。

他のお母さんたちが、おろそかにしがちなメイクに気を配れば、それだけで、ハイセンスでカッコいいイメージをアピールできることうけあいだ。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ