少ない給料でも お金を貯める方法 「パーキンソンの法則」を利用しよう!

スポンサードリンク
미우의 소박한 이야기   저금은 쓰고 남는 돈으로 하는 것일까

不況が続く中、もしもの時に備えて、あるいは、キャリアアップのために、

お金を貯めたい

と思っている人は多いはず。

貯金をするには、

収入ー支出=貯金

というのが、黄金ルールだということは、だれでも知っている。

だが、これを実行できる人は少ない。

たぶん、そういう人はこういう記事を読まなくても貯金のできる人だ。

では、なぜ多くの人は、収入のほとんどを使ってしまうのか。


これを解明したのが、 パーキンソンの第二法則だ。

支出の額は、収入の額に達するまで膨張する


ひらたく言うと、人間は

持っているお金はぜんぶ使ってしまう

ということだ。

逆にいうと、

持っていないお金

は、使えないということ。

だから、貯金をするには、その貯金をしようと思うお金

使うことができない

状態にしてしまうことだ。

つまり、最初からそのお金は

ないもの

と考えるのだ。

スポンサードリンク
たとえば、一度に

1万円

のお金がいる、となると少しとまどう人でも、

1000円

なら、なんとかなる、と思うだろう。

この感覚を生かすのだ。

少ない金額でもいいから、収入のうちのいくらかは

ないもの

と考えて、他の口座に移す。

そして、その口座からはかんたんに引き出せないようにする。

月に「5000円ずつ使いすぎる」のはかんたんだが、「月5000円ずつ支出を減らす」のも、それほどむずかしくはない。

月5000円でも一年で6万円だ。

こうやって、

お金があっても残す

という成功体験を積み重ねることで、収入が少なくても、貯金をすることができるようになってくる。

いろんな節約の専門家が言っているように、

最初に100万円

を貯めるまでがいちばんたいへんだという。

100万円をまず貯めることができたら、あなたは貯蓄体質になっている。

日々の筋トレの積み重ねが、美しく引き締まった筋肉をつくるように、貯蓄体質も一気につくろうとせず、時間をかけて習慣にしていくことがたいせつだ。

いったん、貯蓄体質になると、ムダなお金の使い方はだんだんしなくなってくるものだ。

大きなお金を貯めようとするより、まず月に数千円でも、

残す

感覚を積み重ねていこう。

人間は、苦痛を感じることを続けることはできない。

お金を残すことがよろこびになれば、収入が少なくても、自然と貯金ができるようになってくるものだ。


参照記事:パーキンソンの法則 第1法則

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ