夏風邪 その対策と予防法

スポンサードリンク
KB생명공식블로그    여름철 냉방병 주의  여름감기 예방법

参照記事熱帯夜を快適に過ごす工夫

熱中症対策 室内 夜 エアコンの使い方

ドーパミン ヤル気ホルモン セロトニン メラトニンとの関係

真夏日とは 熱中症にかかったら 熱中症対策 室内でも安心できない



風邪を引くのは、冬だけではない。

逆に、夏に風邪を引くと、長引くことが多いので要注意だ。

冬の風邪は、乾燥が原因とされるのに対し、夏風邪は高温多湿な環境がウィルスの繁殖をもたらすといわれている。


夏風邪 子どもの場合


 1 手足口病

   手のひらや、足の裏、口に中に発疹ができるのが特徴。

   発疹以外に、発熱や、のどの痛みをともなうこともある。

   通常、数日から1週間で治るが、高熱・嘔吐・頭痛などの症状が出てきた場合は、早目に病院で診察を受けること。

   かかった場合は、とにかく自宅で安静にするしかない。

 2 プール熱

   プールでよくかかることから、こう呼ばれる。

   症状としては、高熱、のどの痛み、結膜炎、下痢や腹痛などがある。
  
   ウィルスの感染力が強いので要注意だ。1週間程度で治る。
 
   上記の症状が出た場合は、早目に診察を受けること。

 3 ヘルパンギーナ

   口の中に水ぶくれができる。口内やのどの痛みと高熱をともなうのが特徴。

   接触感染する。1週間程度で完治するが、以上の症状があらわれた場合は、病院で診察を受けるようにしよう。


夏風邪 大人の場合

 夏風邪も、主な原因は、免疫力の低下だ。

 主な症状としては、

  のどの痛み

  咳

  発熱

  下痢

  腹痛



など。

特に、急に気温が上がり、戸外と冷房が効いた室内との温度差が激しいと、体がその急激な温度差について行けず、風邪をひいてしまうことがある。

スポンサードリンク
炎天下から涼しい室内へ移動する、ということがひんぱんにあると、夏風邪にかかってしまう。

また、睡眠不足や、疲労の蓄積が、遠因となることもある。


夏風邪の対策

 1 エアコンを適切に使う

    熱帯夜が続く場合は、夜中もエアコンの設定温度を一定にしてつけておくことがたいせつだ。

    うっすら汗をかく程度でいい。

    タイマーにして、エアコンを切ってしまうと、急激に室温が上がり、かえって体が疲労することになるので要注意だ。

 2 寝る前に風呂に入る

   夏風邪を引いても、風呂には入った方がいい。

  その方が、安眠できるからだ。

  汗をかきすぎると、それが原因となって、体がかゆくなったりして、眠れなくなるので、入浴で体をさっぱりさせるのは、おすすめだ。


 3 栄養をしっかりとる

    夏風邪にかかると、特に高熱をともなう場合は、食欲もなくなる。

    そのような場合は、水分をたくさんとろう。

    特に高熱が出た場合は、スポーツ飲料を飲むのがいい。

    また、夏風邪の予防としては、暑いからといってそうめんなどのあっさりした食事で済ますのではなく、鍋やスープなど、しっかりした料理をとることもたいせつだ。

 
暑い夏に夏風邪にかかると、ほんとうにつらい。


そうならないためにも、エアコンを適切に使って、深い睡眠をとり、食事にも気をくばって体調を整えよう。

暑いからといって、アルコールを寝る前にとりすぎると、安眠できないので、適度な量を保つのも、夏風邪にかからないためのポイントだ。

 
  
スポンサードリンク    

 


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ