夏休みの宿題を早めに終わらせる方法② まず取りかかる

スポンサードリンク
비너스 블로그

参照記事:「夏休みの宿題」を早く終わらせる方法① 今年こそは早めに 

2015 夏休みの自由研究 宿題 「1日でできる 」大阪 手作りキャンドル教室




毎年、夏休みの宿題をぎりぎりになって、汗をかいてやっているあなた。

もちろん、夏休みに入るときは、早くやって、ゆっくり遊ぼうと思っていいたはず。

なぜ、夏休みの宿題はいつもぎりぎりになるのだろうか。

ここで、今までの夏休みを振り返ってみてほしい。

結局、トータルで夏休みの宿題にかかった日にちは、何日ぐらいだっただろうか。

 3日

という人が結構多いのではないだろうか。

これこそ、家事場のバカ力

というものだろうか。

いや、そうではない。

残りの時間がないから、ぶっつけでやったまでのことだ。


人が、めんどうくさいと思うのは、「やらなければ」と思うことから始まるという。

つまり、「夏休みの宿題をやらなきゃ」と思うために、宿題に取りかかるのが、ますますめんどうくさくなるわけだ。

だから、この場合の対処法は、


 とりあえず、まず取りかかる


ことなのだ。

スポンサードリンク
少しずつやろうとか、そんなことを考えず、とりあえず、課題に少しでもいいから取り組む

だから、夏休みの宿題をやるときは、ストップウォッチを用意して、時間を5分10分にセットして、とりあえず、取りかかってみること。


これが、不思議なもので、やり始めると、タイマーが鳴っても、もう少しやりたくなるのだ。


こうやって、毎日時間を決めて取り組むと、3日はムリとしても、1週間もあれば終わるはずだ。

完璧にできなくても、6割か8割やっておくだけでも、だいぶ楽になる。

そして、半分以上やっていることが、心の余裕になり、

 (宿題を)もっと完成度の高いものにしたい

という、「向上心」がわいてくるのだ。


一度でも、こんな経験をすると、あのぎりぎりにやっていた自分が信じられなくなる。

それくらい、「まず、少しやる」ということの効果は大きい。


やってみると、たいへんだと思っていたことが、それほどたいへんでない、ということがわかるし、余裕をもってやっているので、わからない部分があっても、焦ることなく、

 これは、本屋か、図書館で調べよう

とか、いろんな方法が浮んでくるのだ。


いつも、ぎりぎりになるのは、ぎりぎりでも何とかできた経験があるからだ。

余裕をもって、やって、その後さわやかな気分で過ごした夏休みの記憶ができれば、もうぎりぎりでやろうなどとは思わないはず。

夏休みの終わりを、余裕で楽しく過ごしている自分の姿をイメージして、今年こそ、余裕で夏休みの宿題を早めに仕上げよう。


スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ