夏バテ防止 熱帯夜 酷暑 猛暑の中 スタミナを維持するには

スポンサードリンク
고온다습한 여름을 건강하게 보내려면   2013 07 01

連日、熱帯夜が続く。

暑い日が続くと、体力も消耗する。

仕事から帰ると、風呂に入るのもだるさを感じるほど。


だが、こういう時期こそ、夏バテ防止のためには、食事をきちんととることと、正しい入浴法、熱帯夜対策が重要になってくる。


つまり、夏バテ防止のためには、


 1 食事

 2 入浴

 3 睡眠


この3つがたいせつだ。


まず、食事だが、あっさりしためん類ばかり食べるのはよくない。

きちんとバランスのとれた食事をとるようにしよう。

また、暑いからといって、アイスなどの食べ過ぎにも注意。

寝る前に冷たいものを取りすぎると、体を冷やして、安眠できなくなる。



また、暑いと、シャワーだけでかんたんに済ませがちだが、できるだけ、夜はきちんと


 湯船につかる


ことをおすすめする。

スポンサードリンク 冬ほど長時間は入れなくても、できるだけ湯船につかるのを習慣にしよう。

湯船につかって、体温を一度上げておくと、自然に眠気が来て、スムーズに眠りに入ることができる。


また、熱帯夜対策には、適切なエアコンの使用が必須だ。


寝室の温度は、ふとんに入るまでにある程度下げておき、ふとんに入るときに、3~4度上げるようにする。

タイマーで「切」に設定してしまうと、夜中にまた室温が急上昇し、暑さで目を覚ますことになる。

省エネの意味でも、エアコンを入れたり切ったりするよりも、室温を上下させて調整する方が、電気代の節約になる。


もし、古い型のエアコンを使用しているなら、最新のエアコンに買い替えることをおすすめする。

その方が、結果的には電気代の節約になるし、熱帯夜を乗り切る、夏バテ対策にもなるからだ。


室温は、冷え過ぎず、暑さも感じない温度に設定しよう。


具体的にいうと、入浴後は少し低めにして、あとは、少し室温を上げる

体感温度と相談しながら、こまめに室温を調節することが、エアコンの賢い使い方だ。


エアコンをうまく利用して、夏バテ対策をし、熱帯夜を乗り切ろう。


スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ