夏の肌荒れ対策 日焼け 乾燥トラブルを防ぐ 日焼け止めとエアコンの使い方

スポンサードリンク

다가오는 여름 걱정되는 피부건강관리   대치동 피부과   MX 피부과

夏は、肌にとっていろんなトラブルが起きやすい季節。

夏の肌荒れの第一の原因は、何といっても

 紫外線

紫外線を防止するには、日傘や袖のある服を着る、日焼け止めを塗るなどの方法がある。

ただ、肌の弱い敏感肌の人は、


 紫外線吸収剤


入りの日焼け止めだと、逆に肌荒れを起こしてしまうので、要注意だ。

そういう場合は、

 紫外線吸収剤フリー

という表記のあるものを選ぼう。

最近は、ドラッグストアなどでも、

 「紫外線吸収剤フリー」

の表記のある日焼け止めを売っているので、うまく利用することだ。


また、夏も乾燥によるトラブルはある。


それは、エアコンだ。

エアコンは、快適だが、肌にとっては

 乾燥

をもたらす。

化粧水で保湿し、乳液で「フタ」をする、という原則を守ろう。


スポンサードリンク

また、肌の水分補給は、化粧水や乳液だけではない。


水分を適度に飲むこともたいせつ。

一気にたくさん飲むことはできないので、いつもコップ1杯に水を手元においておいて、


 こまめに水分をとる


ようにしよう。

一気に大量に飲むより、こまめに、ひんぱんに飲む方が効果的だ。

寝るときも、枕元にはコップ一杯の水をおいておこう。

夜中にトイレに起きたあとにも水を少し飲むと、その後、熟睡することができる。

また、朝目覚めた時も、枕元においておいた水を少し飲むと、目覚めやすくなる


また、夏は、室内であっても熱中症にかかるおそれがある。

特に主婦やお年寄りなどは、日中は電気代がもったいないと、エアコンをつけないことがあるが、これは危険だ。

室温が30℃を越えたら必ずエアコンを使用すること。


室内で、掃除や作業をしているために、窓をあけたままでいると、室温が知らないうちに上がり、熱中症になるおそれがあるので、要注意だ。

最近のエアコンは、省エネ仕様になっているので、つけっぱなしにしても、昔のエアコンほど電気代はかからない。

猛暑の夏を健康的に乗り切るには、


 適切なエアコンの使用


は、必須だ。

エアコンをうまく利用して、健康的に夏を乗り切ろう。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ