夏の炎天下 洗車をしてはいけない?

スポンサードリンク
안양맛집 멤브로스의 푸드 건강 소소한 일상이야기    무더운 여름철 자외선에 의한 햇빛화상 대처방법
夏の炎天下洗車をして、車にしみのようなものをつくったことのある人は多いだろう。

特にボディが黒の車の場合に、このようなことが起こりやすい。

ズバリ、洗車にいちばん適しているのは、夏ならば朝の早い時間帯か、夕方だ。

できれば曇りの日が望ましい。


夏の炎天下で洗車をすると、ウォータースポット(水染み)ができてしまう。

つまり、水をかけた部分の水滴がレンズのはたらきをして、ボディの一部が高温になり、塗装が変色してしまうのだ。

特に、車のボディの色が黒の場合、洗う前から熱をもっていたることが多く、この現象が起こりやすくなる。


ウォータースポットができた場合は、塗装そのものが傷んでいるので、簡単には落とせない。

コーティングをやり直さなければいけなくなる。

スポンサードリンク
もうひとつは、イオンデポジットと言われるもの。

これは、洗車の際にかけた水が乾燥し、金属イオン(マグネシウム・カルシウム)や、空気中の物質が付着した状態をいう。

イオンデポジットの場合は、ホームセンターなどに売っているクリーナーなどで落とせる場合もある。


どちらにしても、黒のボディの車の場合、白く浮き出るので、他の色の車に比べて目立つことになる。


それを防ぐためにも、夏の炎天下での洗車は避けるのがおすすめだ。

家の窓ガラスなども、雨の日に洗うのがいいとされている。

車も炎天下での洗車は避けるのが、コーティングを長持ちさせるうえでも重要なようだ。

基本的に、洗車は、車が冷えている状態でするのがポイントだと覚えておこう。

ウォータースポットイオンデポジットかの見きわめは、専門家でないとなかなか難しいので、クリーナーで取れない場合は、専門家に見てもらうのがいちばんだ。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ