夏の化粧 化粧崩れを防ぐには 下地がポイント

スポンサードリンク
석양과태양    지금 실천  여름 화장 붕괴를 방지



参考記事: 敏感肌でも使える「日焼け止め」を探す 「肌トラブル」を防ぐために

     日焼け止め 敏感肌 「肌トラブル」を防ぐ洗顔のポイント

     プチプラコスメ 「敏感肌」にもおすすめ 通販で買える BBクリーム

     日焼け止め 「敏感肌」のあなたに「 プチプラコスメ」で 肌を守って美白しよう

     水洗顔がいい? 洗顔後 何もつけない 美容法? 美肌を目指すためには


は、化粧崩れが気になる。

特に、忙しい朝にあわててメイクをすると、化粧がまったくのらず、汗でドロドロになったり。

これを防ぐには、下地がポイント。

一般の常識と違って、油分をしっかり補うこと化粧崩れを防いでくれるのだ。

だから、の忙しい朝は、時間がなければ化粧水をパスして、まず乳液を肌につけよう。

できるだけ涼しいところでメイクすること。

体がほてって、汗をかいている状態ではダメ。

できれば、保冷剤などで、首の後ろを冷やしてから乳液をつける

そして、次がいちばんたいせつなのだが、乳液が肌に浸透してなじむまで、しっかり時間をとること(1~2分)

この時間をおしんでファンデーションをつけると、まだ肌にしっかり吸収されていない乳液ファンデーションが混ざって、化粧崩れのもとに。

乳液がきちんとなじんだあとで、リキッドBBクリームなどを薄目に肌にのばす。

この時も厚塗りは禁物だ。

薄目に肌にのばすことが、化粧崩れしないメイクのポイントになる。

スポンサードリンク
そして、ファンデーションの後も、ファンデーションが肌になじむまで1~2分時間を置く

すっかり、ファンデーションが肌に浸透したあとで、仕上げのパウダーを肌全体に薄くつける。

ここまでの過程をきちんと、時間をとってやると、化粧崩れはかなりおさえることができる

とにかく、メイクの最中は、汗が出ないように気をつけよう。

次に気をつけるのは、こまめな化粧直しだ。

汗をかいたら、あぶら取り紙で上からそっとおさえ、パウダーで崩れた部分を化粧直ししよう。

夏の化粧は、化粧の前のスキンケアで、化粧水をカットするのが、夏の朝のメイクのポイントだ。

化粧水はカットしても、油分である乳液は決してカットしてはいけない

乳液の油分が、化粧崩れを防いでくれるのだ。

あわてて電車に駆け込み乗車したりすると、それだけでまた汗がどっと吹き出し、化粧崩れのもとになる。

そんな時に備えて、センスをカバンに忍ばせておこう。

そして、通勤電車の車両の中で、いちばん涼しいポイントを事前に調べておいて、できるだけそこに乗るようにして、電車の中で涼をとり化粧崩れ知らずの夏美人を目指そう。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ