咳の発作 台風 気圧の変化との関係

スポンサードリンク
関連記事:咳が止まらない時の対処法 夜中に咳が止まらなくなったら

気管支喘息 「咳の発作」から薬にたよらず脱出する3つの方法 「ステロイド」による治療をやめた私が自然の治癒力で 苦しい咳の発作から抜け出せた秘密

夏風邪 その対策と予防法

맛있는 水多  K water Blog    술 먹은 다음날  가장 효과적인 숙취음료는
台風が近づくと、頭痛が起きる人は結構多い。

また、アレルギー性鼻炎の人は、台風の接近による気圧の変化咳の発作がひどくなることがある。

私も、季節の変わり目や、に、戸外に出たとき(温度差)や、夜中咳の発作が出ることがある。

やはり、台風が近づいたり、天気が悪いときにも、咳が出ることがある。

以前は、ステロイドの入った吸入薬を服用していたが、ここ2年ほどはほとんど使っていない


もちろん、ほんとうにぜんそくの人は、医師の指導のもとにクスリを使用するべきだと思う。


だが、私は思うところあって、2年ほど前から、アレルギーのクスリを服用しなくなった


夜中に咳が出るときは、水を飲んだり、冬で、よほどひどい時はマスクをして寝ることもある。

だいたいアレルギーの症状がひどくなるのは、夜か、朝だ。

体がリラックスして、副交感神経が優勢になるときに、よく出るといわれる。

昼間は、緊張状態にあるので、くしゃみも出ないのだ。

夜、咳が出るときは、その次の日は、寝室の掃除をし、シーツを取り替えたりしている。

ほこりなどのハウスダストが原因になるこがあるからだ。

やはり、台風が来ているときは、夜に少し咳が出た

でも、冬ほどひどい状態ではない。

咳の発作の原因として、医師が挙げる第一の原因が

 ストレスと睡眠不足

である。

頭痛が起きるのも、同じ条件だ。

ストレスというのは、ほんとうにやっかいだ。

ある人にとって、何でもないことが、自分にとってはストレスになることもある。


ただ、気をつけているのは、できるだけ疲れをためないことと、夜はゆっくり湯船につかって入浴すること、早寝早起きを心がけることだ。

冬など、ひどい咳が出ることもあるが、薬なしでなんとか過ごせている


クスリをやめてから、自分の体の声に、敏感に反応するようになった。

とにかく、冬の外出時はマスクを欠かさないことだ。

スポンサードリンク

夏は特に対策できることはないが、掃除をマメにしたり、しっかり睡眠をとるなどして、自分の体調管理に気をつけている。

アレルギー性鼻炎自体は、10年以上続いている。

最初はくしゃみがひどかったので、ずっと、くしゃみの症状を抑える錠剤のクスリを飲んでいた。


それが、だんだんになり、ひどいときは、「ヒューヒュー」と気管支が細くなって、呼吸が苦しい、ぜんそくのような症状が出るようになった。


医師には、吸入薬を年間を通して、(咳の発作がない時も)服用するように言われたが、ここ2年は使用していない。

それでも、何とか過ごせているのは、自分なりに、体調管理に気をつけているからだと思う。

今もくしゃみはたまに出るが、以前ほどひどくない。

逆に最初の頃よくあった、鼻水や、目のかゆみはなくなっているから、アレルギーの症状というのも、だんだん変化していくのだと思う。

とにかく、咳が出るときは、保湿に気をつけるのがいちばんだ。

だからといって、加湿器は、使用していない。

具体的には、水を飲むことだ。

それだけでも、ずいぶん違う。

寝具や、寝室の衛生に気をつけることも、咳の症状が出ないようにするには役立っていると思うが、それほど神経質に気にしているわけではない。

アレルギー性鼻炎じたい、原因がよくわかっていないわけで、すべての病気に言えることだが、自分の体調をつねに把握して、無理をしないのがいちばんだと思う。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ