咳が止まらない時の対処法 夜中に咳が止まらなくなったら

スポンサードリンク
기침   Google Search
関連記事 気管支喘息 「咳の発作」から薬に頼らずに脱出する3つの方法

咳が止まらないことがある。

特に、アレルギー性鼻炎の傾向のある人は、気管支が弱いことも多く、少しの刺激で炎症を起こし、咳がたてつづけに出ることがある。

季節の変わり目や、寒暖の差で咳が出ることもある。


咳が止まらなくなる原因

 季節の変わり目に咳がとまらなくなる原因としては、次の3つがある。

  1 風邪

     季節の変わり目は免疫力が弱まるため、風邪を引きやすくなる。

    また、学校、職場などの環境の変化で体が緊張し、それがゆるんだ時に風邪を引くことが多い。


  2 花粉症などのアレルギー

  3 喘息性気管支炎


     風邪でもなく、花粉症でもなく、咳がたてつづけに出るときは、喘息性気管支炎の可能性がある。

     喘息性気管支炎の発作によって、気道が狭くなるため、少しの刺激で咳が出る

     気温の変化や、睡眠不足ストレスなどによっても咳が出る。

     また、アロマオイルなどの香料が刺激になることもある。

     咳が出るのは、寝入りばなや朝方など、副交感神経が優勢になる時間帯が多い。


     その他の原因としては、ハウスダスト、たばこ、飲酒などによって気管支が刺激され、それに気温の変化が加わって、咳を誘発することがある。

スポンサードリンク

咳がとまらない時の対処法

  1 水を飲む

     乾燥によって咳を引き起こされることが多いので、枕元にコップ一杯の水をいつも用意しておき、咳が出たときに飲むようにする。


  2 マスクをする

     これも、1と同じで、マスクをすることによって、適度な湿度が得られ、咳をやわらげる効果がある。


夜寝ているときに、あまりに立て続けに咳が出てつらいときは、起き上がり、しばらくすわっているとましになることがある。

しばらくすわり、水を飲んでましになったら、マスクをして横になってみよう。

何もしないときよりは、ましになっているはずだ。


また、咳がひどい夜の翌日にはシーツやまくらカバーを洗濯し、清潔なものに取り替えよう。

部屋の掃除も忘れずに。

梅雨時などは、カビが発生し、それが咳の原因となることもあるので、換気に注意することもたいせつだ。


自分の体の声に耳をすませ、体に負担を与えている原因を除去することが、咳対策といえる。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ