兵役目前・JYJユチョン 7月入隊か? 兵役前「最後」の日本でのファンミーティングは6月決定

スポンサードリンク
‘냄보소’가 보여준 박유천  신세경  남궁민의 새로운 향기   텐아시아兵役が目前のJYJユチョンが、6月に日本で「匂いを見る少女」のファンミーティングを開くことが決まった。

6月23日24日、横浜アリーナで行われる。

韓国ドラマ「匂いを見る少女」は、21日に韓国で最終回(16回)が放映された。

日本では、スカパーのKNTV(韓国ドラマを中心に放送するチャンネル)で、7月の終わりごろから放映される予定だ。

ユチョンのドラマは、韓国国内はもちろんのこと、日本、中国、台湾、香港、アラブ諸国など、多国籍なファンに支持されている。

昨年、日本で開かれた韓国ドラマ「会いたい」のファンミーティングのチケット争奪戦もし烈だった。

今回のファンミーティングは、おそらくユチョンが日本で開く兵役前最後のファンミーティングになりそうだから、熱気はすごいだろう。

また、ユチョンは、30日~31日に韓国・高麗大学でソロのファンミーティングも開く予定だ。


ユチョンは今年、兵役だが、持病のぜんそくの疾患があるため、現役の軍隊ではなく、公益勤務の判定となっている。


まだ、兵役の日程は発表されていないが、日本でのファンミーティングの後、高麗大学でのコンサートを最後に入隊した、ジェジュンと状況が似ている。

ユチョンの入隊7月くらいになるのではないだろうか。


韓国ドラマ「匂いを見る少女」では、ユチョン、相手役のシンセギョン、そしてナムグンミンの3人がこれまでとひと味違う演技を披露した。

ユチョンは、コミカルでありながら、ストレートに感情を表現する刑事・ムガクを演じた。

「オレが好きになるから、おまえは受け止めるだけでいい」「ずっといっしょにいてくれとせがむから覚悟しろよ」

などのユチョンのセリフが、女性の視聴者のハートをわしづかみにした。

「自分自身をすべてさらけ出して演技したのは、このドラマがはじめて」というユチョンのコミカルな演技が高く評価されていて、その点も見どころだ。

また、共演のナムグンミンも、二重性をもつキャラクターをみごとに演じたと好評だ。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ