マグネシウムの効果と過剰摂取の副作用 マグネシウムが不足すると「こむら返り」になる?

スポンサードリンク
마그네슘 효능 및 마그네슘 결핍 증상은     하늘꽃비 내리는 세상
マグネシウムミネラルの一つ。

カルシウムがたいせつなことはよくいわれているが、マグネシウムカルシウムと同じくらいたいせつだ。

割合としては、マグネシウム1に対してカルシウム2~3が理想の割合とされている。

私たちの体に存在するマグネシウムの6割近くが骨に存在し、4割近くが臓器や筋肉に、そして、約3パーセントは血液中に存在するといわれている。

マグネシウムを多く含む食べ物としては、

 アーモンド、ナッツなどの豆類、

 昆布やひじきなどの海藻類

 ほうれん草などの緑黄色野菜

に多く含まれている。


マグネシウムの効果

 タンパク質の合成、代謝、体温・血糖値調整に役立つ。

血糖値の調整に役立つことから、糖尿病の予防と改善にも効果があるとされている。


マグネシウムが不足するとどうなるか

 大量にアルコールを摂取すると、体内にあるマグネシウムが排出されてしまう。

 マグネシウムが不足すると、集中力不足、倦怠感、食欲不振、うつなどになりやすくなる。

 また、妊婦がよくこむら返りを起こすのも、マグネシウム不足によるものと言われている。


ただ、通常の食事をとっていれば、特にマグネシウムが不足するということはないので、心配し過ぎる必要はない。


マグネシウムを過剰摂取するとどうなるか

 マグネシウムを過剰に摂取すると、小腸で吸収量が調整されるので、通常、取りすぎても、尿や汗と一緒に対外に排出されるので、普通に食事をとっている場合には、健康に支障があるということはない。

ただ、腎臓に障害がある人の場合は、この過剰摂取に注意が必要だ。

神経や心臓の筋肉が正常にはたらかなくなって、低血圧を起こしたり、筋肉の麻痺、下痢、吐き気などを起こす可能性があるからだ。


マグネシウムはまた、幸せのホルモンとも呼ばれるセロトニンをつくる成分でもある。

神経の興奮を抑え、神経の伝達を正常に保つ働きがあるとされていて、現代のストレス社会においてはセロトニンのはたらきが重要視されている。

また、うつ病の場合、そうでない人に比べ、セロトニンが少ないとされている。

そのため、うつ病の薬には、セロトニンを増やすはたらきをする成分が含まれている。


どちらにしても、上記の食材を食事でとるように心がけ、過剰なアルコール摂取を避け、睡眠をじゅうぶんにとるように心がけることが、マグネシウムを不足させない生活といえる。

サプリメントにたよるよりは、食事で摂取するのがいいが、なかなか食事をきちんととれない人にとっては、マグネシウムを含むサプリメントをとることも、健康と若さを維持するためにはいい方法かもしれない。



スポンサードリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4347461766931132"
data-ad-slot="2340626009"
data-ad-format="auto">




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ