離婚の方法③ シングルマザー 離婚を決意したらいちばんにすること

スポンサードリンク
하루하루 새롭게    협의이혼제도  한류바람타고 일본까지.


 参照記事:離婚の方法① 子ども 仕事 住まい どう準備して実行するか?

      離婚の方法② 子ども 仕事 住まい どう準備して実行するか? とにかく仕事を始めよう


子どものいる女性が離婚をする場合、たくさんの困難が予想される。

まず、住むところだ。

そして、何よりも仕事。

それもできればパートやアルバイトではなく、固定給の仕事を得ることが望ましい。


ただ、小さい子どもがいる場合は、なかなか就職も難しい。

急な発熱や病気の時に、保育園に迎えに行ったり、病院に連れて行ってくれたりする実家や、友人がいると、就職にもかなり有利になる。


そして、何よりも職場と家が近いことが望ましい。

給料がそれほど変わらないのなら、子どものいるシングルマザーの場合は、


 職住近接

が基本だ。

だから、離婚を決意した場合は、まず当面の生活をどうするか、お金の計算をするのが第一だ。

特に、住むところは、いちばんお金がかかるので、慎重に決めたい。

子どもがいると、騒音などで、近所とトラブルになり、そのことが、ストレスになることもあるから、総合的に子どもを育てやすい環境であることがたいせつだ。

スポンサードリンク

離婚をする前に、離婚後の手続きについては事前に調べておこう。

そして、仕事はできれば肉体的にあまりきつくない、事務がおすすめだ。

今、もし、安定した職業をもっているのなら、離婚にはかなり有利になる。

専業主婦ならば、とにかく、最初はどんな仕事でもやる覚悟が必要だ。

とにかく、どんな仕事でもいいから、働くことで、精神的にはかなり落ち着く。

そして、仕事にもなれ、家事と仕事の生活に慣れてきたら、将来的には、資格を取ったり、企業も視野に入れて、収入の拡大を目指そう。

母子家庭にとって、いちばん深刻な問題は、収入が少ないこと

子育てもたいへんだが、経済的な基盤があれば、なんとか乗り越えられるもの。

そして、同じ境遇にいる友人がいれば、シングルマザーの悩みも話し合えて、励まし合うことができる。

孤立せず、必要なときは、周囲の助けを求めること。

生活が落ち着くまではたいへんだが、たまには息抜きして、自分自身の時間をもつことも、子どもと健康的に向き合うためにも必要なことだ。


スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ