キランソウ その効能と 名前の由来 咳止め薬としても

スポンサードリンク
하담의 포토다이어리
キランソウ

シソ科。

漢字では「金欄草」とか「綺蘭草」ともいう。

本州、四国、九州の日がよく当たる山麓や道端、石垣、人里などに生える多年草だ。

葉が地面にはりつくように生える、そのようすから「ジゴクノカマノフタ(地獄の釜の蓋)」という別名もある。

ロゼット状で、春に青紫の花を咲かせる。

胃腸病、胆石、神経痛、咳止めなどに薬効がある。

葉は少し赤みをおびている。

キランソウは、春に咲く野草としては最も早い時期に花が咲く。


採集

 開花期の4月ごろ、全草を採取し、水洗いした後、日干しにしてよく乾燥させる。

キランソウは、その生薬名を筋骨草(きんこつそう)という。

地域によっては、キランソウを医者いらずとも呼ぶようだ。

薬効

 1日10~15グラムに水1/2リットルを加え、煎じ、3分の1になるまで煮つめ、こしたものを1日3回に分けて服用する。

キランソウは昔からよく知られる民間薬。漢方の薬局では「キランソウ」の名で乾燥した葉を販売している。


スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ