ひじ・首のしわが気になる 保湿と筋トレでアンチエイジング

スポンサードリンク
담쟁이    목주름 예방 생활습관

顔のしわで気になるのはほうれい線だ。


だが、それ以外にも気になるのが、

 ひじのしわ


特に、夏になると、半そでになるので、どうしても目立つところだ。

顔のしわは気にしても、ひじのしわは気にしないひとが多い。

ひじや首のしわは、40代に入ったころから目立ち始める。

首のしわは、鏡で見るので気にする人が多くても、ひじのしわまでは気にしていない人が多い。


顔はメイクしても、ひじにまでは手がまわらないということもあるだろう。


ひじや首のしわをふせぐいちばんいい方法は、やはり

 保湿

だ。

朝・夕の肌の手入れの時に、顔に化粧水や乳液をつけるとき、首とひじにもつけるようにしよう。

それだけでもかなり効果がある。


また、できるだけ、姿勢をよくすることも首のしわ防止には役立つ。

ひじを机についたりするのも、ひじのしわ防止には大敵だ。


スポンサードリンク
また、ダンベルで二の腕を鍛えることも、ひじのしわを目立たなくするのに役立つ。


夏のファッションにおいても、半そでよりは、ひじが隠れる7分袖をおすすめする。

アラフォーからは、露出の多いファッションよりは、少し

 隠す

ファッションの方が魅力的だ。


隠すといっても、完全に隠すのではなく、シースルーなどのすけ感のあるファッションを着ることで、より洗練された、大人の女性の魅力をアピールすることができる。


だいたいアラフォーになったら、20代のファッションは完全に卒業し、少し大人のファッションを研究しよう。


20代には出せない魅力が、アラフォーの女性にはある。

その魅力をいかに引き出すかが、アラフォーからの美容やファッションの基本コンセプトだといえる。

だから、できれば、20代のようなアイメイクまつ毛パーマは、アラフォーになったら

 卒業

するのが望ましい。


アンチエイジングは、20代に戻ることではない。

年齢相応の美しさを、かぎりなく生かすことだ。


だから、、40代の自分の魅力と向き合い、大人の女性へと成長していくことを心がけよう。


スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ