こごみの食べ方 春の山菜【人気レシピ 】ベスト3 選び方と保存方法

スポンサードリンク
청나래고사리 Matteuccia struthiopteris


こごみは、春の山菜だ。

葉の先のかたちが、前かがみにくるくる巻いていて「こごんだ(しゃがんだ)」ように見えることから、こごみと呼ばれるようになった。

こごみの特徴は、形で言うと、葉の先がくるくる巻いていて、ぜんまいと少し似ている。

綿毛はなく、軸は濃い緑色。

サクサクした食感が楽しめる春の山菜だ。

こごみの旬の季節は、4~5月

まさしく春の味といえる。


選び方と保存法

 先端がくるりと巻いているものを選ぶ。

保存するときは穴をあけたポリ袋に入れるか、または新聞紙で包み涼しいところに保管する。

乾燥に弱いので、その点に注意しよう。

摘んだあと3~7日は持つが、気温が高くなると、いたみやすいため、できるだけ早く食べきるのがいい。


こごみはアクが少なく、新鮮なものは生でも食べることができる。

少しぬめりがあるのが特徴だ。


下ごしらえ

 さっと水洗いしたあと、先端のくるくる巻いている部分の汚れをていねいにとる。

 沸騰したお湯で1分間ゆでたあと、冷たい水に入れると、鮮やかな色を保つことができる。


こごみの人気レシピベスト3

1こごみの刺身

 さっと湯通しして刺身で食べるのもおすすめ。

 わさびじょうゆにつけて、こごみの食感を味わおう。



2こごみのマヨネーズ和え


マヨネーズ和え

 こごみ10本

 マヨネーズ大さじ1
 
 しょうゆ小さじ2/1

こごみをよく水洗いしたあと、沸騰した湯に入れ1分間茹でる。

ゆで上がったこごみをざるに上げる。

マヨネーズしょうゆで和える。

また、わさびマヨネーズやからしマヨネーズで和えて食べても変化が楽しめる。


3 こごみのパスタ

菜の花のパスタもいいが、こごみのパスタもなかなかいける。


湯がいてしょうゆにつけ込んだこごみと、ベーコンを炒めたものをパスタにからめて食べるのもおすすめだ。


番外編

こごめのベーコン巻

 サクサクとした歯ごたえが特徴なので、さっと湯がいたこごみに塩コショウをし、ベーコンで巻いてフライパンで焼いてもおいしい。

また、天ぷらにしてもイケる。



スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ