お金の話 いつも収入以上に使ってしまうのはなぜ?

スポンサードリンク
재테크 전 알고 있자 경제 상식   제2의 돈  쉽게 버리면 안되는 영수증      serendipity

参照記事:少ない給料でも お金を貯める方法 「パーキンソンの法則」を利用しよう!


節約本が売れている。

不況が続き、給料が上がる見込みはないので、少しでも支出を減らそうということなのだろう。

だが、ほんとうにたいせつなのは、

1か月の支出を一定の額におさえる

ということではないだろうか。

予算を立て、いつもその範囲におさめることができれば、お金の管理もやりやすくなる。

毎月使う金額がバラバラだと、貯めるどころか、赤字の一方となる。

月々の出費を一定の額にし、その金額を維持することができてはじめて、家計の計画を立てることができる。

貯金を増やすには収入増か、支出を減らすしかない。

支出を減らすにしても、ダイエットと同じで、苦痛なことは続かないものだ。

まずは、月々の予算を立て、その範囲で一か月を過ごしてみる、ということを3か月続けてみることだ。


それができれば、家計のどこを改善すればよいのか、ということも見えてくる。

袋分け法というのもあるが、これはあまりおすすめしない。

私もやってみたが、けっきょくうまく行かなかった。

パーキンソンの第二法則が作用しているのだ。

パーキンソンの第二法則とは、

支出の額は、収入の額に達するまで膨張する

というもの。

ひらたく言うと、人間は

持っているお金はぜんぶ使ってしまう

だから、人は、ほうっておくと、あるお金はすべて使ってしまうのだ。

つまり、そのお金はないもの、と考えて予算を組むことだ。

そして、よけておいたお金は、すぐに使えないようにすること。

スポンサードリンク
まず、支払分を先によける。

そのあと、日常の生活費は、1か月の日数分で割る。

1日ごとだとあまりにきゅうくつだし、3日だと少し長いので、2日単位で予算を守るように生活していくのがいちばんいい。

たとえば、一か月の生活費が9万としたら、1日の金額は約3000円。

2日だと、6000円になる。

そして、2日単位で、できるだけこの6000円の枠内におさまるように生活していくのだ。

ポイントは、月のはじめにあまり大きな買い物をしないこと。

月のはじめはできるだけ慎重に、予算より少な目になるように使っていく。

そうやって、月の半ばまで予算内に収めることができると、後半もうまくいくことが多い。

この場合は、あくまでも生活費のコントロールが目標なので、特別な出費は、別枠で計算するのがよい。

こうしていくと、自分の支出の特徴が見えてくる。

本代が多い、とか、お菓子などのスイーツをよく買っているか、など。

食費などは、それほどばらつきはないものだ。

あるとすれば、交際費や外食代だ。

自分の支出の特徴がわかったら、それを改善するにはどうすればいいのか、という対策も見えてくる。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ